学校法人近畿大学


地域金融機関の役割を大学生が学ぶ 近畿大学生が尼崎信用金庫若手職員と交流



近畿大学経営学部、経済学部、理工学部(大阪府東大阪市)の学生が、平成30年(2018年)12月5日(水)に尼崎信用金庫本店(兵庫県尼崎市)の見学会と若手職員との交流会に参加します。

【本件のポイント】
●大学生が地方創生における地域金融機関の役割と最新情報を学ぶ
●金融業界で働く先輩から金融機関の業務や心構えを聞き、今後の就職活動や卒業研究に生かす
●大学生が地域金融機関のあるべき姿を考える契機にする

【本件の概要】
近畿大学経営学部准教授 花木正孝ゼミを中心に、経営学部・経済学部・理工学部から選抜された金融機関への就職を希望する学生(約45人)が、阪神地区を代表する地域金融機関である尼崎信用金庫本店の営業部や国際部を見学し、地方創生の担い手である地域金融の役割と最新情報を学びます。また、若手職員(本学卒業生)との交流会を通じて、社会人として、金融機関職員としての経験や心構えを学びます。
尼崎信用金庫は、「がんばれ阪神タイガース定期預金」など地域に根差したユニークな商品企画や、小中学生向け金融教育プログラム「あましん おかね寺子屋」の継続的な開催(11年間で受講者約6,300人)など積極的に地域貢献を行っています。また、お客様の事業をサポートするコンサルティング活動や、地域の方々と一緒に汗を流す地域貢献活動「あまちゃん・しんちゃんプロジェクト」をビジネスモデルとして展開するなど、これからの地域金融機関のあるべき姿を示しています。

■日時:平成30年(2018年)12月5日(水)13:30~17:00
■会場:尼崎信用金庫本店
    (兵庫県尼崎市開明町3-30、阪神本線「尼崎駅」から徒歩約5分)
■内容:(1)事業支援部長講話
    (2)国際部、営業部見学
    (3)「尼信会館」、「世界の貯金箱博物館」見学
    (4)近畿大学の学生と尼崎信用金庫若手職員との交流会

【関連リンク】
経営学部商学科 准教授 花木 正孝(ハナキ マサタカ)
https://www.kindai.ac.jp/meikan/1361-hanaki-masataka.html

関連URL:https://www.kindai.ac.jp/keiei/




注目ワード
お歳暮
エコプロダクツ
クリスマス
大掃除
師走
バーゲンセール
冬休み
クリスマスケーキ
忘年会
年賀状