岡山理科大学


岡山理科大 岡山県立大と連携協力協定締結/教育・研究、教職員・学生の交流進める



協定書を披露する辻学長(左)と柳澤学長(右)

協定書を披露する辻学長(左)と柳澤学長(右)

岡山理科大学(岡山市北区理大町)は2018年11月27日、岡山県立大学(岡山県総社市窪木)と連携協力に関する包括協定を締結しました。両大学は、産学官などが一体となって若者が岡山で学び、暮らし、働いて地域に定着することを目指す「おかやまCOC+」事業を協働で推進していますが、連携をさらに強化していきます。県立大学が他大学と協定を結ぶのは初めてです。

締結式は総社市の岡山県立大学・本部棟2階であり、県立大の辻英明学長、理大の柳澤康信学長らが出席しました。辻学長が「岡山理科大学にはワインプロジェクト、科学ボランティア、イノベーション・ラボなど県立大学と連携可能な分野が多くある。連携を強めて、戦略的な地域貢献をさらに進めていきたい」と期待を表明。柳澤学長は「大学の連携では『大学コンソーシアム』というプラットフォームがあるが、これに1対1の関係が加わればエンジン役を果たせるはず。学生同士が切磋琢磨して、いろいろなことに取り組み、教職員の連携も強めていきたい」と述べました。両学長が協定書に署名・押印して、がっちり握手を交わしました。

協定に基づいて連携協力する主な内容は以下の通りです。
(1)学術研究に関すること
(2)学生の教育、研究及び支援に関すること
(3)教職員及び学生の相互交流に関すること
(4)地域及び国際社会の発展のための貢献に関すること
(5)産学官連携及び国内外の機関との連携に関すること
(6)相互の機器及び施設の共同利用に関すること
(7)教職員の能力向上に関すること
(8)教育プログラム、教材開発及び授業科目開発等に関すること


【岡山理科大学について】
http://www.ous.ac.jp/
1964年、西日本初の理学部単科大学として応用数学科、化学科の2学科で開学。2018年には愛媛県今治市に第2キャンパスを設け、西日本の私学で初の獣医学部を開設。7学部21学科1コースとなりました。「好奇心全開、探究心無限大」をキャッチフレーズに多彩な研究に取り組んでいます。

【本リリースに関するお問い合わせ先】
岡山理科大学 入試広報部
TEL:086-256-8412(内線1226)

  • 協定書を披露する辻学長(左)と柳澤学長(右) 協定書を披露する辻学長(左)と柳澤学長(右)
  • 協定書に署名する辻学長(左)と柳澤学長(右) 協定書に署名する辻学長(左)と柳澤学長(右)



注目ワード
お歳暮
エコプロダクツ
クリスマス
大掃除
師走
バーゲンセール
冬休み
クリスマスケーキ
忘年会
年賀状