株式会社MS-Japan


IPO対応クラウド会計システムfreeeが選ばれる理由とは?/IPOPRO(アイピーオープロ)



株式会社 MS-Japan(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:有本隆浩/以下 MS-Japan証券コード:6539)は、IPOコンサルティング業務を行う株式会社AGSコンサルティング(本社:東京都千代田区 共同代表:虷澤 力・廣渡 嘉秀)の一部コンテンツ協力を得て、IPO を目指す企業のための専用サイト「IPOPRO(アイピーオープロ)」をオープンし、下記のインタビュー記事を掲載致しました。

IPO PROはこちら⇒https://www.ipopro.jp/

IPO対応クラウド会計システムfreeeが選ばれる理由とは?
freee株式会社執行役員・パートナー&ミッドユーザー事業本部長 尾形 将行 氏

(以下、一部抜粋)
既にfreeeを利用した企業のIPO実績も出ているようですが順調に推移すれば、将来的には上場企業の3社に1社が利用する計算になりますね。既存の主要な会計ソフトと競合する市場でfreeeが選ばれる理由はどういったところでしょうか。

まず、クラウドで内部統制に対応した数少ないプロダクトだという点です。場所を選ばず、税理士や会計士とリアルタイムでデータを共有できます。また、freeeはAPIを積極的に公開しているため、顧客が自社で開発したシステムや他のクラウドシステムと簡単に連携できる点も好評です。

他社との決定的な違いは、オンプレミスは展開せずクラウド1本で勝負していることです。一般的にクラウドシステムはユーザーや仕訳の数が増えると動作が重くなるという弱点がありますが、当社はどんなにデータのボリュームが大きくなってもスピードを維持できるよう開発に力を注いでいます。freee全体で開発に100名以上が関わっており、他社でクラウドだけにこの規模を充てる企業はないでしょう。実際、動作の速さや将来的な開発への期待が決め手でfreeeが選ばれるケースは多いです。

使いやすさという点ではいかがでしょうか。

入力の簡単さとドリルダウンのしやすさは高い評価をいただいています。ERPの発想でシステムを作っているため、業務を行うと自動的に仕訳が作られるので非常に楽ですし、逆にコスト上昇など様々な事象の原因を分析したい時も細部まで正確なデータを遡ることができます。freeeはスモールビジネスや個人事業主向けというイメージが強いかと思いますが、実は中堅クラスの企業にこそ価値を感じていただいています。

御社の特徴の一つは、企業の成長段階に応じたプロダクト展開です。創業時にfreeeを導入した企業が上場を本格的に目指すステージまで成長しても使い続けることができます。他社システムに乗り換える面倒さがない点は大きな強みではないでしょうか。

そうですね、IPO後もクラウド会計システムを引き続き使いたいというニーズには…
続きを読む⇒https://ipopro.jp/column/22/

IPOPROインタビュー記事・コラム一覧はこちら⇒https://www.ipopro.jp/column/


【この記事に関するお問い合わせ】
株式会社MS-Japan 
URL:https://www.ipopro.jp/contact/ 
TEL:03-3239-7373  FAX:03-3239-7397


【株式会社MS-Japan】
管理部門特化型エージェントNo.1。管理部門・会計・法律分野に特化した人材紹介事業、会計事務所等のプロフェッショナルファームの紹介事業会社。
IPO(新規株式公開)を目指す企業の経営者、実務責任者・担当者を対象に、 IPO 準備に役立つ情報やコンテンツをご用意すると共に、IPO を取り巻く周辺企業の情報も提供し、各社と IPO 準備企業とのマッチングを目指した専門サイトを運営

■人材紹介事業(管理部門・会計・法律分野に特化)
https://www.jmsc.co.jp/

■IPOPRO / IPO(新規株式公開)を目指す企業の経営者、実務責任者・担当者向けサイト
https://www.ipopro.jp/

関連URL:https://ipopro.jp/column/22/



このカテゴリーの関連ニュースリリース(調査・報告、その他)


注目ワード
新社会人
こどもの日
母の日
ゴールデンウィーク
春行楽