世界に先駆けて、印刷可能なIoT温度モニタリングシールの実証実験を行います!
-つくばSociety 5.0社会実装トライアル採択事業-



TSUKUBA STARTUP DAYチラシ

TSUKUBA STARTUP DAYチラシ

12月20日につくば国際会議場で開催されるイベント「Tsukuba Startup Day」において、つくばSociety 5.0社会実装トライアル支援事業で8月28日に採択した、プリンタブルセンサーコード技術研究組合の「温度センサーとして機能するカラーコード(IoTシール)」のブース出展及び実証実験を行います。

1 実施プロジェクト
プリンタブルセンサーコード技術研究組合
「温度センサーとして機能するカラーコード(IoTシール)」

 伝統を土台に新しい酒造りに挑戦している市内の酒蔵である稲葉酒造(つくば市沼田1485)の協力のもと、日本酒のボトルやケースに温度で色が変わる感温インクを使ったプリンタブルセンサーコード(PSC)シールを貼り、国内及び海外への輸送を通じたPSCの精度及び耐久性やリーダー(スマホアプリ)の性能評価のトライアルを行います。
PSCシールの特徴は、輸送中に所定以上の温度となった場合、コードの色が変化して温度逸脱が判断できるため、適正な温度管理が行われていたか、非常に安価かつ手軽にモニタリングが可能となり、つくば発の製品の品質を保証し、国内や世界へ届けることが可能となります。

2 実証実験日時・場所
日時:平成30年12月20日(木)午後1時00分から 
場所:つくば国際会議場(つくば市竹園2-20-3)
    大ホール前PR・デモブース

3 取材について
 午後1時から午後7時30分まで、出展ブースにおいて、随時実証実験のデモと事業の説明を実施しますので、取材希望の方は、プリンタブルセンサーコード技術研究組合出展ブースへお越しください。

4 今後の展開について
 来年1月~2月に、稲葉酒造の商品を海外(シンガポール)へ輸送する実証実験を行う予定です。

関連URL:http://www.city.tsukuba.lg.jp/shisei/torikumi/kagaku/1005023/1001863.html

※この記事は配信日から1年以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。


  • TSUKUBA STARTUP DAYチラシ TSUKUBA STARTUP DAYチラシ
  • Tsukuba-StartUp-Dayチラシ Tsukuba-StartUp-Dayチラシ


このカテゴリーの関連ニュースリリース(告知・募集)


注目ワード
スキー
ひな祭り
ホワイトデー
卒業
東日本大震災