株式会社ima


awa酒専門サイト『awa酒専門店』開設のお知らせ



株式会社ima(あいま、本社:東京都台東区、代表取締役社長:三浦亜美)は2018年12月21日、一般社団法人awa酒協会(以下、awa酒協会)が認定するスパークリング日本酒「awa酒」を専門に取り扱うECサイト『awa酒専門店』を開設いたしました。awa酒協会の認定酒はこれまでは各蔵の流通が異なるため一度にご検討をいただく機会が限られておりましたが、今回開設する『awa酒専門店』では、各蔵の「awa酒」を一度に比較できお買い求めいただきやすい環境を整えました。

『awa酒専門店』はawa酒協会の公認を得ております。同協会の加盟蔵15蔵18銘柄のうち、まずは9蔵11銘柄(2018年12月19日現在)のawa酒の販売から開始いたします。これからのクリスマスやお正月の乾杯シーンで、より多くの皆様に日本の乾杯酒としてawa酒を楽しんでいただければと考えております。

『awa酒専門店』https://awasake.com

■awa酒について
「awa酒」とは、awa酒協会が定める商品開発基準と品質基準を満たし、awa酒協会の認定を得た、スパークリング日本酒のみに与えられる呼称です。
スパークリング日本酒は人工的にガスを充填してつくる方式もありますが、「awa酒」は自然発酵由来のガスであること、透明でクリアかつグラスに注いだ際に一筋の美しい泡が立ちのぼることなどを基準としております。

【awa酒認定基準】 http://www.awasake.or.jp/pages/rule/
※awa酒協会サイトより引用


■株式会社imaについて
株式会社imaは日本の「匠」と「旨味」を世界につなぎ「ima(あいま)」を取り持つ、をコンセプトにをもとに、過去からつながる日本の伝統技術に最先端の技術と概念を取り込む”文化工学”[1]という分野を創出しております。また、「文化工学」事業のひとつとして2017年12月より、岩手県二戸市の酒蔵である株式会社南部美人と共にAIを活用した日本酒造り、「ArtofArtificialArtisan~匠の眼プロジェクト」[2]を立ち上げました。
2016年2月「一般社団法人awa酒協会」を設立し、現在は事務局運営を担っております。

■一般社団法人awa酒協会について
awa酒協会は、2016年2月に透明で一筋の泡がたつ自然発酵のスパークリング日本酒「awa(あわ)酒」を世界に広めるために設立いたしました。世界の乾杯シーンで日本のawa酒がシャンパンやスパークリングワインと肩を並べる存在になることを目指し、国内の蔵元同士の連携を強めるとともに、awa酒の認定基準を定めることによる品質向上、普及促進に努め、ブランディングの強化を図ることで、スパークリング日本酒の市場拡大、ひいては日本酒業界への貢献を目的とする法人です。

一般社団法人awa酒協会 http://www.awasake.or.jp/

■会社概要
名称:株式会社ima
設立日:2018年
所在地:〒110-0016東京都台東区台東二丁目29-12サンケエホワイトビル3階
電話:03-5846-8737
URL:http://www.i-ma.jp/


[1]文化工学について
私たち株式会社ima(あいま)は現代のテクノロジーと文化の融合分野を文化工学と呼びます。株式会社imaは、伝統産業、伝統工芸に対して科学、工学、金融などのナレッジを導入することにより、現代のテクノロジーを媒介として文化継承のシステム構築を行ってまいります。

[2]ArtofArtificialArtisanProjectについて
「ArtofArtificialArtisan〜匠の眼プロジェクト」とは、失われつつある日本の伝統技術を先端技術の活用で守る、先端技術の活用により日本の伝統と技術を未来へつなぐ事を目的としたプロジェクトです。プロジェクトの第一弾は日本酒づくりにおける匠の技の可視化を実現し、現在機械化が行われていない米を蒸す前の吸水工程(浸漬)において、最適な吸水時間を自動的に通知し、再現可能で高品質な酒造りを支援するツールの構築を行う予定です。

AI酒 http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/1803/05/news016.html

関連URL:https://awasake.com




注目ワード
父の日
キャンドルナイト
株主総会
ボーナス
梅雨