特定非営利活動法人新公益連盟


【新公益連盟】エイズ孤児支援NGO・PLASが第2回ジャパンSDGsアワードでSDGs推進副本部長(外務大臣)賞を受賞



「第2回ジャパンSDGsアワード」SDGs推進副本部長賞を受賞

「第2回ジャパンSDGsアワード」SDGs推進副本部長賞を受賞

新公益連盟に加盟する特定非営利活動法人エイズ孤児支援NGO・PLAS(東京都台東区、代表理事:門田瑠衣子 以下PLAS https://lp.plas-aids.org/wad2018/ )は、第2回「ジャパンSDGsアワード」(主催:SDGs推進本部-本部長に安倍晋三内閣総理大臣)において、外務大臣によるSDGs推進副本部長賞を受賞しました。

2018年12月21日、SDGs推進本部長である安倍内閣総理大臣、菅官房長官、河野外務大臣らの出席のもと首相官邸にて受賞式が行われ、賞状とトロフィーを授与されました。

【代表理事・門田のコメント 】
PLASは、2018年12月9日で設立から14年目を迎えました。
エイズ孤児が差別され、学校にも行けないという現状を知り「こんな状況はおかしい」という思いで続けてきた活動が、このような栄えある形で評価いただけたことを本当に嬉しく思います。
治療薬の開発が進み「死の病」と言われていたエイズも、今日では適切な治療を続けていれば寿命まで生きることができるとも言われるようにまでなりました。
しかし、PLASが活動するような地域では、今なお経済的・社会的に取り残され、複雑な問題の渦中にいる人達がいます。

PLASはこれまで235家庭・1,906人の子どもたちを支援し、また現地での啓発リーダーの育成を通じて26,785人へエイズ予防教育を届けてきました。
これらを成果として受け止めつつ、今後も持続可能な開発目標(SDGs)に掲げられる"誰一人取り残さない世界"の実現のため、私たちPLASはケニアとウガンダにいる現地の方たち、そして日本国内で応援してくださる方たちとともに、引きつづき活動に邁進してまいります。
これからも、ご支援・ご協力をよろしくお願いいたします。

--------------------
◆関係リンク
・PLASホームページ「第2回ジャパンSDGsアワード 副本部長賞をPLASが受賞」
 https://www.plas-aids.org/blog/2018/12/21/42010
・外務省ホームページ「持続可能な開発目標(SDGs)推進本部会合(第6回)及び第2回「ジャパンSDGsアワード」表彰式の開催」
 https://www.mofa.go.jp/mofaj/ic/gic/page4_004595.html
・首相官邸ホームページ「ジャパンSDGsアワード表彰式(平成30年12月21日)」
 https://www.kantei.go.jp/jp/98_abe/actions/201812/21sdgs_award.html

◆本件お問い合せ先
 当キャンペーンの内容や、法人様のご協賛・協働等については下記までお問い合せください。
 メール:info@plas-aids.org
 電話 :03-6803-0791 (月〜金 10:00-17:00)
 担当 :和泉(いずみ)/ 小島(こじま)


◆ジャパンSDGsアワードについて
(外務省HP( https://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/oda/sdgs/award/index.html )より引用)
持続可能な開発目標(SDGs)達成に向けた企業・団体等の取組を促し、オールジャパンの取組を推進するために、2017年6月の第3回SDGs推進本部において創設が決定されました。SDGs達成に資する優れた取組を行っている企業・団体等を、SDGs推進本部として表彰するもので、NGO・NPO、有識者、民間セクター、国際機関等の広範な関係者が集まるSDGs推進円卓会議構成員から成る選考委員会の意見を踏まえて決定されます。


◆ エイズ孤児支援NGO・PLAS(プラス)について
2005年12月設立(2013年NPO法人化)。
両親または片親をエイズによって失った「エイズ孤児」と呼ばれる子ども達が、自ら未来を切り拓ける世界の実現をめざしてケニア・ウガンダで活動を続ける国際NGO。
地域のニーズに根差した活動内容を展開し、現在はエイズ孤児を抱える片親家庭の「生計向上支援事業」と、エイズ孤児並びにその片親に対する「ライフプランニング事業」を活動の柱としています。

---活動の成果(2018年10月時点)---
支援したエイズ孤児 1,906人
支援したシングルマザー家庭 235家庭
エイズ教育を届けた人々 26,785人

ホームページ https://www.plas-aids.org/
PLASがめざす世界 https://www.plas-aids.org/plas 
組織概要 https://www.plas-aids.org/plas/about


◆ 特定非営利活動法人新公益連盟について
特定非営利活動法人新公益連盟は、NPOや社会的企業のアクションチームを作り、社会課題解決のための制度改革や様々なセクターとの協働、ソーシャルセクターの経営力強化を行うことを通じて、社会的排除や抑圧、貧困、不正等によって苦しむ人々をエンパワーメントし、日本をより多くの社会課題解決事例が創出され続ける社会とすることで、公益の増進に寄与することを目的としており、加盟団体数は団体・個人合わせて100を超えています。
<特定非営利活動法人新公益連盟>(東京都港区元赤坂1-7-20 KIZUNA WESTビル3階)
・代表理事 宮城治男
・新公益連盟Webページ: http://www.shinkoren.or.jp/

関連URL:https://www.plas-aids.org/blog/2018/12/21/42010


  • 「第2回ジャパンSDGsアワード」SDGs推進副本部長賞を受賞 「第2回ジャパンSDGsアワード」SDGs推進副本部長賞を受賞
  • 「ジャパンSDGsアワード」SDGs推進副本部長賞を受賞 「ジャパンSDGsアワード」SDGs推進副本部長賞を受賞



注目ワード
中間決算
紅葉
お歳暮
エコプロダクツ
クリスマスケーキ
クリスマス
バーゲンセール
冬休み
忘年会
ランドセル