株式会社日立製作所(ITサービス&プロダクト)


「Hitachi Virtual Storage Platformファミリー」のミッドレンジモデルで小規模システム向けオールフラッシュモデル、ライトモデルを販売開始[日立]



株式会社日立製作所は、このたび、2018年5月に市場投入した「Hitachi Virtual Storage Platform(以下、VSP)ファミリー」のミッドレンジモデルVSP G150においてオールフラッシュ構成の販売モデルをラインナップに加えるとともに、VSP G130においてさらなる導入コスト低減を追及した販売モデルをラインナップに加え、2018年12月27日より販売を開始しました。

近年のフラッシュストレージの浸透を背景に、小容量帯においても、高信頼・高機能なオールフラッシュストレージに対するニーズが高まりをみせています。また、エッジコンピューティングなどを背景とした小規模システムでは、データ保管用途として低コストなストレージが求められています。

今回、販売を開始する2モデルは、これらのユーザニーズに応え、5月に発表したVSPファミリーのミッドレンジモデルのラインナップに追加するものです。

▼続きはこちら
http://www.hitachi.co.jp/storage/pressroom/info/info_vsp_1812.html

▽「日立ストレージソリューション」Webサイト
http://www.hitachi.co.jp/storage/



◆商標に関する表記
・記載の会社名、製品名はそれぞれの会社の商標もしくは登録商標です。


記載の情報は、公開日現在の情報です。
予告なしに変更され、閲覧日と情報が異なる可能性もありますので、あらかじめご了承ください。

このリリースについてのお問い合わせ




注目ワード
キャンドルナイト
株主総会
ボーナス
梅雨