株式会社日立製作所(ITサービス&プロダクト)


ビジネス価値とスピードの向上を支援するPCサーバ 日立アドバンストサーバ「HA8000Vシリーズ」のエントリーモデルを販売開始[日立]



―最新のインテル(R)Xeon(R)Eプロセッサーの搭載や導入支援ツールによる高いコストパフォーマンスと導入・運用の容易さで、ビジネスニーズの変化に即応―

株式会社日立製作所(以下、日立)は、このたび、PCサーバである日立アドバンストサーバ「HA8000Vシリーズ」のエントリーモデルとして、最新CPU インテル(R)Xeon(R)Eプロセッサーを搭載したラック型の「HA8000V/DL20 Gen10」およびタワー型の「HA8000V/ML30 Gen10」を新たにラインナップし、1月29日から販売開始します。


今回販売開始するエントリーモデルでは、最新のインテル(R)Xeon(R)Eプロセッサーの搭載により従来モデル比でCPUコア数を1.5倍(*1)とし、エントリーモデルにおいて、さらなる高性能を実現しました。また、導入支援ツール「Intelligent Provisioning」(*2)と統合運用ツール「iLO連携(iLO Federation)」(*3)によりシンプルなサーバ管理が行えるため、高いコストパフォーマンスを備えたエントリーモデルを容易に導入・運用でき、変化し続けるビジネスニーズへの迅速な対応を可能にします。

(*1):従来モデル HA8000/RS110とHA8000V/DL20 Gen10との比較
(*2):サーバの構成情報やOS、iLO(integrated Lights-Out:サーバの遠隔監視・管理機能)の設定、保守用ログなどの各サーバへのダウンロード等を行う導入支援ツール
(*3):サーバのさまざまな状態を可視化するGUIにより、複数サーバに対する効率的な運用を支援する統合運用ツール


▼続きはこちら
http://www.hitachi.co.jp/ha8000v/news/20190109.pdf

▽日立アドバンストサーバ「HA8000Vシリーズ」Webサイト
http://www.hitachi.co.jp/ha8000v/



◆商標に関する表記
・インテル、Xeonは、アメリカ合衆国および/またはその他の国におけるIntel Corporationの商標です。
・その他、記載の会社名、製品名はそれぞれの会社の商標もしくは登録商標です。


記載の情報は、公開日現在の情報です。
予告なしに変更され、閲覧日と情報が異なる可能性もありますので、あらかじめご了承ください。

このリリースについてのお問い合わせ




注目ワード
父の日
キャンドルナイト
株主総会
ボーナス
梅雨