玉野総合医療専門学校


玉野総合医療専門 全国専門学校卓球選手権で2部門制覇!/近藤佑紀は男子シングルス初優勝 混合ダブルスも初優勝



好成績を収めた近藤選手(右端)、佐藤選手(右から2人目)ら玉専卓球部

好成績を収めた近藤選手(右端)、佐藤選手(右から2人目)ら玉専卓球部

第34回全国専門学校卓球選手権大会が2018年12月12~13日、東京・駒沢オリンピック公園総合運動場で開催され、玉野総合医療専門学校(岡山県玉野市築港)卓球部の近藤佑紀選手(理学療法学科2年)が男子シングルスで初優勝。混合ダブルスでも佐藤早恵選手(作業療法学科3年)と近藤選手のペアが初優勝しました。女子シングルスとダブルスでもともに準優勝と、日頃の練習成果を十分に発揮し、圧巻の成績を収めました。

12月21日に校内で報告会が行われ、教職員、友人ら約30人が好成績を祝いました。平井義一校長からは「立派な成績で誇らしく思います。これからも頑張ってください」とお祝いと激励の言葉がありました。大会には各都道府県予選を勝ち抜いた30校、選手約100人が出場しました。

第34回全国専門学校卓球選手権大会の結果(玉専関係)は以下の通りです。(敬称略)
 【男子シングルス】優勝 近藤佑紀(理学療法学科2年、岡山理大附高出身)
 【混合ダブルス】優勝 近藤佑紀・佐藤早恵(作業療法学科3年、玉野光南高出身)
 【女子シングルス】準優勝 佐藤早恵
 【女子ダブルス】準優勝 佐藤早恵・鶴身香奈(作業療法学科3年、高松北高出身)


【玉野総合医療専門学校について】
http://www.tamasen.ac.jp/
1998年開校。2018年開校20周年。保健福祉活動を実践できる人材の育成、即戦力となる技術の習得をめざしています。やさしさや思いやりのココロなど、保健・医療・福祉に求められる倫理観もあわせ持った医療職、介護職のプロを養成しています。

【本リリースに関するお問い合わせ先】
玉野総合医療専門学校 事務室
TEL:0863-31-6830(平日9:00~17:00)

  • 好成績を収めた近藤選手(右端)、佐藤選手(右から2人目)ら玉専卓球部 好成績を収めた近藤選手(右端)、佐藤選手(右から2人目)ら玉専卓球部



注目ワード
敬老の日
月見
シルバーウィーク
台風
運動会
ピンクリボン
文化祭