学校法人近畿大学


「生活発表会」で言語・表現活動成果を披露 歌・劇・オペレッタで、子どもの成長を感じる機会



劇「うらしまたろう」昨年の発表会の様子

劇「うらしまたろう」昨年の発表会の様子

近畿大学附属幼稚園(奈良県奈良市)は、平成31年(2019年)2月9日(土)、なら100年会館大ホールにて、日頃の表現活動の成果を披露する生活発表会を開催します。

【本件のポイント】
●園児が日頃の言語・表現活動の成果を披露
●オペレッタや劇を通して、保護者は子どもの成長を見届ける
●園児は友達と協力する大切さを学び、保護者の前で作品を披露することで達成感を味わう

【本件の概要】
本園では、健康な心と体を育てるいきいき活動、豊かな個性と感性を育むのびのび活動、知的好奇心を高めるわくわく活動を通じて、子どもたちが本来持っている個性と感性を最大限に引き出し、一人ひとりたくましく、心豊かに成長することを願って日々の保育を積み重ねています。
生活発表会は、毎年開催している本園で最も大きな行事であり、園児は言語活動・表現活動に取り組んできました。練習を通して、配役や台詞、立ち位置や衣装等、友達と協力する大切さを学び、力を合わせてひとつの作品を披露することで、充実感と達成感を得ます。また、自分の成長を喜ぶ家族の姿を見ることで、人格形成に重要な自尊心を育みます。
年少組はオペレッタ、年中組と年長組は劇を、各クラスが個性豊かに力を合わせて練習しました。衣装や壁面などの装飾は園児と教員一人ひとりがアイデアを出し合い完成させた力作です。

■日時:平成31年(2019年)2月9日(土)
    開演 13:00(開場 12:40) 閉演 15:30
■会場:なら100年会館(大ホール)
    (奈良県奈良市三条宮前町7-1「JR奈良駅」西側から徒歩約5分)
■対象:全園児 120人(年少 27人・年中 48人・年長 45人)
    未就園児(2歳 47人)、保護者

【プログラム】
開会のことば 園児代表

1.歌「にんげんっていいな」「バスごっこ」
  表現遊び「それいけ!アンパンマン」 2歳児 つぼみ組
2.オペレッタ「証城寺のタヌキばやし」 年少 すみれ組
3.オペレッタ「3匹のやぎ」 年少 れんげ組
4.劇「かさじぞう」 年中 ひまわり組
5.劇「ガリバーの冒険」 年中 ゆり組

休憩

6.劇「じごくのそうべえ」 年長 ばら組
7.劇「眠りの森の美女」 年長 もも組閉会のことば 園児代表

フィナーレ 歌 「たいせつなたからもの」 全園児

関連URL:http://www.fes-kinder.kindai.ac.jp/kinder/


  • 劇「うらしまたろう」昨年の発表会の様子 劇「うらしまたろう」昨年の発表会の様子


このカテゴリーの関連ニュースリリース(告知・募集)


注目ワード
春分の日
卒業
東日本大震災
入社
異動
花見
入学
新社会人