株式会社MS-Japan


経理担当者にありがちなシステム選定の失敗パターンとは?/IPOPRO(アイピーオープロ)



株式会社 MS-Japan(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:有本隆浩/以下 MS-Japan証券コード:6539)は、IPOコンサルティング業務を行う株式会社AGSコンサルティング(本社:東京都千代田区 共同代表:虷澤 力・廣渡 嘉秀)の一部コンテンツ協力を得て、IPO を目指す企業のための専用サイト「IPOPRO(アイピーオープロ)」をオープンし、下記のインタビュー記事を掲載致しました。
IPO PROはこちら⇒https://www.ipopro.jp/

経理担当者にありがちなシステム選定の失敗パターンとは?
https://ipopro.jp/column/25/

Money Forward Business クラウド経費本部 本部長 今井義人氏
マーケティングディレクター 成末庸平氏

(以下、一部抜粋)
まず、マネーフォワード クラウド経費はどんな特徴があるのでしょうか?

今井:マネーフォワード クラウド経費は、 IC カードやクレジットカードの支払い、ネットで予約した交通・宿泊の決済など、さまざまな経費精算データを自動取得できる仕組みをもち、モバイルアプリから簡単に申請や承認ができます。

特徴の一つは「モバイル&オートメーション」です。当社は個人向けに、Web上に点在する銀行口座の残高やクレジットカードの利用履歴等を自動収集・一括管理できる家計簿・資産管理アプリを提供しており、この仕組みをマネーフォワード クラウド経費にも応用しています。経費精算に必要なデータが自動で手元のアプリに集まるので、申請の手間が省けます。また、交通機関やクレジットカード会社から提供されるデータを使って経費精算ができるので情報の信頼性が高く、内部統制上も有効です。

もう一つの特徴は、電子帳簿保存法に対応した「ペーパーレス」です。従来は紙での保管義務があった領収書や請求書等の帳簿書類を、電子保存できる制度に弊社システムは対応しています。ファイリングや、倉庫の保管場所の確保も不要となり、税務調査でも調査対象となる証憑をパソコンで検索するだけで済むようになります。2016年、2017年と立て続けに規制緩和があり、運用ハードルがぐっと下がったこともあり急速に普及が進んでいます。

マネーフォワード クラウド経費がIPO企業に選ばれる理由をおしえてください。

今井:ベンチャー企業は経費精算をExcelやWeb上のスプレッドシート等で行っているケースが多いのですが、これでは誰が承認したかログが残らない点がIPO審査において問題視されます。承認を紙でやりとりするのは手間なので、自社の状況に見合った価格感でシステムを入れようという話になります。また、先ほどご紹介した電子帳簿保存法への対応を想定し導入される企業様も多いです。

成末:内部統制の強化は基本だと思いますが、それと同じぐらいの重要度で…

続きを読む⇒https://ipopro.jp/column/25/

IPOPROインタビュー記事・コラム一覧はこちら⇒https://www.ipopro.jp/column/

【この記事に関するお問い合わせ】
株式会社MS-Japan 
URL:https://www.ipopro.jp/contact/ 
TEL:03-3239-7373  FAX:03-3239-7397


【株式会社MS-Japan】
管理部門特化型エージェントNo.1。管理部門・会計・法律分野に特化した人材紹介事業、会計事務所等のプロフェッショナルファームの紹介事業会社。
IPO(新規株式公開)を目指す企業の経営者、実務責任者・担当者を対象に、 IPO 準備に役立つ情報やコンテンツをご用意すると共に、IPO を取り巻く周辺企業の情報も提供し、各社と IPO 準備企業とのマッチングを目指した専門サイトを運営。

■人材紹介事業(管理部門・会計・法律分野に特化)
https://www.jmsc.co.jp/

■IPOPRO / IPO(新規株式公開)を目指す企業の経営者、実務責任者・担当者向けサイト
https://www.ipopro.jp/

関連URL:https://ipopro.jp/column/25/




注目ワード
敬老の日
月見
シルバーウィーク
台風
運動会
ピンクリボン
文化祭