パナソニックグループ


デロス中国と協業し、中国で健康的なくらし空間の研究・実証を共同で推進



「ウエルリビングラボ(中国)」の実験室/リビングエリアイメージ

「ウエルリビングラボ(中国)」の実験室/リビングエリアイメージ

パナソニック株式会社 エコソリューションズ社(以下、パナソニック)は、このたび、「人の健康」に着目した建物評価指標「WELL認証(※1)」を開発したデロス社(本社:米国)の中国法人であるデロス中国(名称:得楽室(北京)建築科技有限公司 本社:北京市)と、中国の住宅やオフィスなど「くらし空間」における健康環境の研究・実証を共同で推進することについて、戦略的提携を締結しました。

今後、デロス中国が北京市内に開設する「ウェルリビングラボ中国」に、パナソニック専用の研究室を設置し、パナソニック製品が導入される実際の空間において、パナソニックが新たに提案する健康環境の実証実験を行います。パナソニックは、デロス社が著名な総合医院であるメイヨー・クリニックと共同設立した「ウェルリビングラボ米国」の創設メンバーの1社として2017年からWELL認証への取り組みをすでに開始しており、今回の中国での協業によりデロス社との連携をさらに深めてまいります。

「WELL認証」は、建物を「空気質」「光」「水質」「快適さ」「心」など複数の項目で評価する米国本社のデロス社により開発された指標です。近年、米国に続いて中国の市場でも、建物そのものではなく、建物の利用者の健康や快適性への配慮が求められてきており、「WELL認証」への関心が高まっています。また、中国では大気汚染が社会問題化していることから、国としても健康に配慮した建築への取り組みを強化しており、今後、健康建築市場が大きく拡大していくとみられています。

「ウェルリビングラボ中国」は、室内環境が人の健康や快適に与える影響を被験者実験によって数値化し、その対策を効率的に創出していくことを目的とした研究施設で、デロス社がアメリカに続いてアジアで初めて開設するラボとなります。建物内には多くのセンサが設置され、屋上には360度回転する実験室を備えるなど、様々な条件下での実証実験が行えるよう設計されています。パナソニックは、この最先端の設備を備えた研究所において、これまで蓄積してきた空気質環境や光環境など空間が人に与える影響に関する豊富な知見を基礎とし、そこに「WELL認証」のコンセプトを取り入れた新たな「くらし空間」を提案、その効果をデロス中国と協力して実証していく計画です。

今後、パナソニックはデロス中国とともに、中国の戦略パートナーとの協業によって創出する、この高付加価値な「くらし空間」の提供を通じて、中国の人々がより健康・快適な環境で過ごせるように貢献してまいります。

※1 米国で開発された建物の評価指標で、建物利用者の健康・生産性を焦点とする。

以下プレスリリースをご覧ください。
▼[プレスリリース] デロス中国と協業し、中国で健康的なくらし空間の研究・実証を共同で推進(2019年3月6日)
https://news.panasonic.com/jp/press/data/2019/03/jn190306-2/jn190306-2.html

関連URL:https://news.panasonic.com/jp


  • 「ウエルリビングラボ(中国)」の実験室/リビングエリアイメージ 「ウエルリビングラボ(中国)」の実験室/リビングエリアイメージ
  • 「ウエルリビングラボ(中国)」の実験室/寝室エリアイメージ 「ウエルリビングラボ(中国)」の実験室/寝室エリアイメージ
  • 「ウエルリビングラボ(中国)」の実験室/オフィスエリアイメージ 「ウエルリビングラボ(中国)」の実験室/オフィスエリアイメージ


このカテゴリーの関連ニュースリリース(企業動向、サービス、技術・開発)


注目ワード
父の日
キャンドルナイト
株主総会
ボーナス
梅雨