株式会社日立製作所(ITサービス&プロダクト)


IoT向け運用管理を最適化する「JP1 for IoT」を販売開始[日立]



―効率的なIoTデバイスのセキュリティ対策や稼働管理を支援する「JP1 for IoT - デバイス管理」などによりIoTシステムの安定稼働を実現―


株式会社日立製作所(以下、日立)は、このたび、IoT向けに運用管理を最適化する「JP1 for IoT」を3月15日から販売開始しました。

「JP1 for IoT」は、日立の長年にわたるIT分野とOT(*1)分野の実績に加え、社会インフラや基幹業務システムを支えてきた統合システム運用管理「JP1」の技術やノウハウを生かした製品およびサービス群です。具体的には、今回、IoTデバイスの効率的なセキュリティ対策や稼働管理を支援するサービス「JP1 for IoT - デバイス管理」と工場設備などにおけるUSBおよび端末の不正接続を監視するアプライアンス製品を提供します。

「JP1 for IoT - デバイス管理」は、さまざまな設置環境のIoTデバイスのセキュリティ対策状況や接続状態などをふかん的に可視化し、リモートからセキュリティアップデートの一括実行(*2)や不具合発生の自動通知などを可能とするものです。これにより、IT部門だけでなく、IoTの活用を推進する設備管理部門やデジタルサービス提供部門は、デバイスの設置から運用、交換・廃棄といったライフサイクルを通した効率的なセキュリティ対策や稼働管理が可能となり、IoTシステムの安定稼働を実現できます。
 (*1)OT:Operational Technology(制御技術)
 (*2)2019年度上期から順次提供開始予定。

▼続きはこちら
https://www.hitachi.co.jp/New/cnews/month/2019/03/0313a.html

▽「JP1 for IoT」Webサイト
https://www.hitachi.co.jp/jp1/product/jp1IoT/



◆商標に関する表記
・記載の会社名、製品名はそれぞれの会社の商標もしくは登録商標です。


記載の情報は、公開日現在の情報です。
予告なしに変更され、閲覧日と情報が異なる可能性もありますので、あらかじめご了承ください。

このリリースについてのお問い合わせ




注目ワード
シルバーウィーク
台風
衣替え
運動会
ハロウィン
ピンクリボン
文化祭