公益社団法人 日本アドバタイザーズ協会 Web広告研究会


「Web/デジタルの枠を超えて、顧客の期待を超える体験を」Web広告研究会が2019年WAB宣言を発表



公益社団法人日本アドバタイザーズ協会Web広告研究会(所在地:東京都中央区銀座 代表幹事:中村 俊之)は、3月25日、第33回WABフォーラムを行い、2019年WAB宣言「Web/デジタルの枠を超えて、顧客の期待を超える体験を」の発表を行いました。

5G時代の到来、IoTの普及浸透など、生活者にとってデジタルやオンラインを意識せず、当たり前に使いこなす社会において、マーケターもデジタルやリアル という枠組みで分け隔てることなく、生活者の期待を超える顧客体験を提供することこそが大事になると、Web広告研究会は考えます。

 「WAB宣言」は、会員社で共有する意識をWeb広告研究会という「組織」のなかの閉じたものとせず、同じような課題を抱える会員以外の企業・個人・研究者にもディスカッションを通じて広げていきたいという趣旨のもと、2002年より発表され、今回で20回目を数えています。
※WAB=Web Advertising Bureau、Web広告研究会の略称です。


【過去のWAB宣言】
https://www.wab.ne.jp/wab_sites/info/wab-declaration


■この件に関するお問合せ
公益社団法人 日本アドバタイザーズ協会 Web広告研究会 事務局
〒104-0061 東京都中央区銀座3-10-7 ヒューリック銀座三丁目ビル8階
TEL:03-3543-5855 FAX:03-3544-6581 e-mail:info@wab.ne.jp

関連URL:https://www.wab.ne.jp/wab_sites/general-browse/view/2957



このカテゴリーの関連ニュースリリース(サービス、企業動向、調査・報告)


注目ワード
父の日
キャンドルナイト
株主総会
ボーナス
梅雨