学校法人近畿大学


中国地方の大学初! 大学内に宅配便ロッカー導入で再配達ロス問題を軽減



オープン型宅配便ロッカー「PUDO(プドー))ステーション」

オープン型宅配便ロッカー「PUDO(プドー))ステーション」

近畿大学工学部(広島県東広島市)は、平成31年(2019年)4月4日(木)から、オープン型宅配便ロッカー「PUDO(プドー)ステーション」をキャンパス内に設置し、学内での宅配便の受取りを可能にするサービスを開始します。当サービスは、中国地方の大学では初めての導入となります。

【本件のポイント】
●中国地方の大学初!大学構内に宅配便ロッカーを設置し、学内で荷物の受取りが可能に
●学内で好きな時間に非対面で荷物の受取りができる、新たな学生サービスを提供
●社会的課題である宅配便の再配達ロスを軽減する施策としてヤマト運輸と連携して導入

【本件の内容】
電子商取引の拡大に起因する宅配便取扱個数の増加と、それに伴う再配達によるドライバーの配達ロスは、近年社会問題となっています。特に、大学生は、日中は通学、平日の夜や休日はアルバイトなどで家を空けている時間が多いため、宅配会社にとっては在宅時間が読みづらく再配達となる可能性が高い世帯と認識されています。しかし、大学生は通信販売の利用率が高く、また好きな時間に非対面で受取りができることへのニーズが高い年齢層でもあります。
近畿大学工学部では、県内他大学に比べて県外出身者の割合が高く、約7割の学生が一人暮らしをしています。また、近畿大学工学部のある東広島市高屋地区の不在率は、広島県の平均的な不在率よりも高いというデータ(ヤマト運輸(株)調べ)があります。そこで、近畿大学工学部では、ヤマト運輸株式会社からの提案により、大学構内に宅配便ロッカーを設置します。周辺他大学に先駆けて、学内で好きな時間に非対面で荷物の受取りができる、新たな学生サービスを提供するだけでなく、社会的課題である宅配便の再配達ロスを軽減する施策として中国地方の大学で初めて本サービスを導入することとなりました。

【概要】
日  時:平成31年(2019年)4月4日(木)から
設置場所:近畿大学広島キャンパス B館渡り廊下(広島県東広島市高屋うめの辺1)
設置仕様:屋外型4列1基(30室収納可能)
対  象:本学の学生、教職員、一般学外者も利用可能(利用無料)
宅配業者:ヤマト運輸株式会社(2019年4月4日現在)
     ※今後、利用可能宅配会社を順次追加予定
お問合せ:近畿大学工学部事務部 庶務会計課 TEL(082)434-7002

【PUDO(プドー)ステーションの概要および利用方法(※ヤマト運輸利用の場合)】
PUDO(プドー)ステーションとは、Packcity Japan株式会社が契約している複数の宅配会社の荷物を1箇所で受け取ることができるオープン型の宅配便ロッカーです。パスワードを入れるだけの簡単な操作で、いつでも荷物を受け取ることが出来ます。
(1)クロネコメンバーズに届く「お届け予定eメール」受信時もしくは、不在連絡票で再配達を依頼する際に利用者側でロッカーを指定。
(2)ヤマト運輸が荷物をPUDOステーションに納品
(3)ロッカー開錠用パスワードが利用者に届く
(4)PUDOステーションのタッチパネルにパスワードを入力して受け取る

【Packcity Japan株式会社について】
所在地 :東京都千代田区神田小川町3-7-1 ミツワ小川町ビル6階
代表者 :代表取締役社長(CEO)トラン・パスカル・ロラン(Pascal Train)
設  立:2016年4月7日(合弁会社設立5月11日)
従業員数:31人
H    P:http://packcity.co.jp/

【近畿大学工学部について】
所在地:広島県東広島市高屋うめの辺1
代表者:学部長 旗手 稔
設 置:昭和34年(1959年)
学生数:2,176人(平成30年5月1日現在)
H   P:https://www.kindai.ac.jp/engineering/

関連URL:https://www.kindai.ac.jp/engineering/


  • オープン型宅配便ロッカー「PUDO(プドー))ステーション」 オープン型宅配便ロッカー「PUDO(プドー))ステーション」



注目ワード
シルバーウィーク
台風
衣替え
運動会
ハロウィン
ピンクリボン
文化祭