学校法人近畿大学


生物理工学部 公開講座(BOST Science Café)「コケから調べる植物と病原菌との関係」「慢性腎臓病治療における人工臓器と臨床工学技士の役割」



昨年の様子

昨年の様子

近畿大学生物理工学部(和歌山県紀の川市)は、令和元年(2019年)6月8日(土)、橋本商工会館にて、「近畿大学生物理工学部 公開講座(BOST Science Café)」(後援:和歌山県教育委員会・橋本市教育委員会)を開催します。

【講演内容】
プログラム(1)「コケから調べる植物と病原菌との関係」
講師:生物理工学部生物工学科 教授 秋田求
内容:種子植物が病原菌に抵抗するために備えている遺伝子と良く似た遺伝子が、コケにもあります。
   コケと病原菌とのせめぎ合いを考えることで、どんなことが見えてきたのかをお話しします。

プログラム(2)「慢性腎臓病治療における人工臓器と臨床工学技士の役割」
講師:生物理工学部医用工学科 准教授 福田誠
内容:「人工腎臓」は血液透析治療に用いられる「生体機能代行装置」であり、「生命維持管理装置(高度管理医療機器)」です。本講演ではヒトの腎臓をお手本に発展してきた人工腎臓の優れた機能と臨床工学技士の役割をご紹介します。

【開催概要】
日  時:令和元年(2019年)6月8日(土)13:30~16:10(13:00開場・受付)
場  所:橋本商工会館
     (和歌山県橋本市市脇1丁目3番18号、JR・南海「橋本駅」より徒歩20分、またはバス市脇バス停下車徒歩2分)
対  象:一般の方、中高生(定員先着150人、入場無料)
後  援:和歌山県教育委員会・橋本市教育委員会
申込方法:(1)講座開催日、住所、氏名、電話番号、参加人数を明記の上、郵送、FAX、E-mailのいずれかで下記宛先へお申込み
     (2)生物理工学部WEBサイト(https://www.kindai.ac.jp/bost/)からお申込み
お問合せ:近畿大学生物理工学部 公開講座係
     〒649-6493 和歌山県紀の川市西三谷930
     TEL(0736)77-3888 FAX(0736)77-6336
     E-mail:bost-kou@waka.kindai.ac.jp

【開催の背景】
近畿大学生物理工学部は、「人間」「医療」「食」「生活」「環境」「福祉」をテーマとして、理学・農学・工学・医学を融合させた先進的で多彩な教育と研究を行っています。ここで得られた成果を広く一般の方々にご理解いただきたく、平成11年度(1999年度)から公開講座の形で発信を始めました。
生涯学習の機会とする方から科学に興味をもつ子どもたちまで、幅広い年齢層の方々にご参加いただいており、受講者数は3万人を超えています。今年度も各地の教育委員会のご後援のもと、3府県(和歌山、兵庫、大阪)の8都市で開催します。

【講師プロフィール】
生物理工学部生物工学科 教授 秋田 求(あきた もとむ)
学   位:博士(農学)
専門分野 :植物細胞工学、農芸化学
研究テーマ:植物のもつ多彩な性質を引出し利用する方法について様々な研究を行っています。
      植物細胞・組織培養技術、植物遺伝子組換え技術を主に利用し、増殖法の開発や有用物質生産などに取り組んでいます。

生物理工学部医用工学科 准教授 福田 誠(ふくだ まこと)
学   位:博士(工学)
専門分野 :医用化学工学
研究テーマ:メーカーでのモノ(人工腎臓)創り・造りを経て、本学に着任しました。
      これからの臨床工学技士には、医療現場で唯一の工学屋として、日本の医療技術産業を牽引していってほしいと願っています。

【関連リンク】
生物理工学部生物工学科 教授 秋田 求(アキタ モトム)
https://www.kindai.ac.jp/meikan/881-akita-motomu.html

生物理工学部医用工学科 准教授 福田 誠(フクダ マコト)
https://www.kindai.ac.jp/meikan/1248-fukuda-makoto.html

関連URL:https://www.kindai.ac.jp/bost/


  • 昨年の様子 昨年の様子



注目ワード
中間決算
紅葉
お歳暮
エコプロダクツ
クリスマスケーキ
クリスマス
バーゲンセール
冬休み
忘年会
ランドセル