DNA Media株式会社


DNA Media、ココライズ・ジャパンから事業譲受



~ミャンマーでの言語サービス需要掘り起こしに注力~

多言語翻訳サービスおよびデジタルコンテンツ制作のDNA Media株式会社(東京都千代田区、代表取締役:中尾勝)は、ミャンマー語専門の言語サービスの株式会社ココライズ・ジャパン(東京都新宿区、代表取締役:長田潤、以下:ココライズ)から同社が運営する翻訳およびWebコンテンツ事業を6月1日付けで事業譲受し、6月3日から運営開始しますのでお知らせ致します。これにより、DNA Mediaは東南アジア地域における翻訳を始めとした言語サービス需要に本格的に対応できる体制を整備、2,3年後には年間1億円以上の売上高達成を目指します。

ココライズから譲受することになった主な事業は、1)ミャンマー語及びミャンマー少数民族言語に特化した翻訳事業 2)通訳および通訳者派遣事業 3)ミャンマー語検定(Myanmar Language Test)事業 4)「ミャンマーエクスプレス」販売事業――などとなります。ココライズは2014年3月の創業以来、ミャンマーの翻訳市場の開拓に乗り出しており、2016年5月にはミャンマー法人を設立、2019年1月にはミャンマー第二の都市マンダレーにもオフィスを開設するなど、同市場で積極的な活動を展開していました。なお、今回は事業を譲り受けると同時に、DNA Mediaの取締役として長田潤が就任いたします。

翻訳事業は、日本語および英語からミャンマー語だけでなく、カレン語、カチン語、チン語などミャンマーの少数民族言語にも対応できる体制となっています。また、情報媒体の「ミャンマーエクスプレス」(http://myanmar-express.com/)は、ミャンマーへ進出する日本企業向けにミャンマーの最新の政治、経済、金融、法律、社会情勢を情報発信するもので、現地で良く読まれている新聞・雑誌など15媒体と提携し、月400本以上のミャンマーニュースを日本語でタイムリーに提供しているものです。
3つ目のミャンマー語検定事業は、外国人のミャンマー語能力を測るための初の資格試験で、国籍を問わず、ミャンマー語を学習するすべての非ネイティブを対象とした、ミャンマー語スキルを証明するスタンダードとなっています。

ミャンマーでの言語サービス需要は、近年の日本企業及びその他外資の進出によって、急激に増加。実際、日本企業の進出状況は、2012年には85社だったのが、2018年には388社(ミャンマー日本商工会議所への登録社数)になっているほどです。今回の事業譲受によって、ミャンマーをはじめとした東南アジア市場でのトップランナーを目指す方針です。
■株式会社ココライズ・ジャパン
所在地:東京都新宿区百人町3-10-7
代表取締役:長田 潤
会社設立:2014年3月
http://kokorize.com/
事業内容
ミャンマー語及びミャンマー少数民族言語専門の翻訳業、ミャンマーローカルニュースを日本語で配信する「ミャンマーエクスプレス」、ミャンマー語検定。日本でのミャンマー語関連事業での実績に加え、ミャンマー現地で大手通信会社、SNS、映像メディアなどとの取引実績が多数あります。

■DNA Media株式会社
所在地:東京都千代田区神田神保町2-20-6恒倉ビル4F
代表取締役:中尾勝
会社設立:1999年6月
事業内容
ローカリゼーション(多言語翻訳)、デジタルコンテンツ制作、プロモーションビデオ制作などを主な事業として展開し、世界最大手の外資系IT業界を中心に、大手出版社、大手テレビ局などとの多くの実績があります。品質最重視のTranscreationサービスとコンテンツ制作のソリューションをともに提供できる唯一のベンダーであると自負しています。
http://dnamedia.co.jp/

【本件に関するお問い合わせ】
DNA Media 担当者 中尾勝
TEL : 03-3556-0881
E-mail : info@dnamedia.co.jp

以上

関連URL:http://dnamedia.co.jp/




注目ワード
ボーナス
お歳暮
エコプロダクツ
クリスマスケーキ
クリスマス
大掃除
師走
バーゲンセール
冬休み
忘年会