学校法人近畿大学


「安全な通学と自転車の整備点検」を実施 安全な通学のため、自転車組合による点検と保護者の見守りを実施



昨年6月実施の様子

昨年6月実施の様子

近畿大学附属和歌山高等学校・中学校(和歌山県和歌山市)は、令和元年(2019年)6月22日(土)に、本校保護者会が中心となって「安全な通学と自転車の整備点検」を行います。今回は登校を見届けた後、和歌山県自転車軽自動車商業協同組合和歌山北部支部とともに生徒の自転車点検をします。

【本件のポイント】
●保護者・地域住民・教員が協力し、生徒たちの登校の安全を見守る
●整備不良による事故を防ぐため、地域の自転車組合が念入りな自転車整備点検を実施
●生徒たちの安全意識を高め、通学ルールや交通マナーについても再認識する

【本件の概要】
近畿大学附属和歌山高等学校・中学校は昭和58年(1983年)4月に開校し、同年に保護者会も設立しました。生徒たちの安全な通学環境づくりの一環として、自転車の整備不良による事故を防ぐことを目的に、毎年2回、地域の和歌山県自転車軽自動車商業協同組合和歌山北部支部と保護者会が協力して「自転車と通学の安全点検」を実施しています。点検ではブレーキ、チェーン等の不良が確認されており、早期の修理を生徒や保護者に促しています。また、保護者が登校風景を確認することにより、子どもたちの日頃の通学ルールや交通マナーを再確認できる機会となります。前回は25人の保護者が参加し、計919台の自転車の点検を行いました。

【開催概要】
日時:令和元年(2019年)6月22日(土)7:40~12:00(雨天決行)
場所:近畿大学附属和歌山高等学校・中学校 駐輪場および学校付近
   (和歌山市善明寺516、JR阪和線「和歌山駅」から和歌山バスで約15分
   「近畿大学附属和歌山校前」下車すぐ)
対象:全生徒1,654人(高校1,098人 中学校556人)

関連URL:http://www.hwaka.kindai.ac.jp/


  • 昨年6月実施の様子 昨年6月実施の様子



注目ワード
ハロウィン
ピンクリボン
文化祭
中間決算
紅葉
ランドセル