株式会社ジャパンタイムズ


【自分の気持ちや経験を英語でもっと伝えたい!】『する英語 感じる英語』発売



『する英語 感じる英語』表紙

『する英語 感じる英語』表紙

 株式会社ジャパンタイムズ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:堤丈晴)は、『する英語 感じる英語 毎日を楽しく表現する』を6月下旬に出版します。
 日常生活でよく使う基本的な英語がすぐに出てこない――。じれったい思いをしたことのある人は多いはずです。それは、何気ない会話で自分の思いを伝えるのにちょうどよい語彙や表現を知らないのが原因です。
 そこで、私たちの身近な事柄から、「する(動作)」と「感じる(感覚)」にフォーカスした英語表現を集めました。行動や動作を表す短い動詞フレーズが「する英語」、形容詞や副詞、オノマトペ(擬音語と擬態語の総称)などを含む感覚的なセンテンスが「感じる英語」です。
日常生活、趣味・スポーツ、文化・年中行事、ビジネスシーンなど、45のシーン別に構成していますので、興味のあるものからチェックしてみてください。言葉の説明ではわかりにくい「動作」は、540ものかわいい猫のイラストつき。見開きごとにひとつのストーリーになっていますので、イメージとセットで覚えるのがおすすめです。
職場や旅先で外国の人と言葉を交わしたり、SNSを通じて英語で発信するときに活用できる表現が満載。音声は、付属CD-ROMまたは音声ダウンロードで聞くことができます。

著者: 光藤 京子
イラスト: tama
仕様: A5判並製・288ページ・MP3音声CD-ROM&無料ダウンロード
定価: 1,944 円(税込)
ISBN: 978-4-7890-1726-8
出版社: ジャパンタイムズ
発⾏日: 2019年7月5日

◆ 光藤 京子
英語コミュケーション、翻訳関連の執筆家・コンサルタント(TAS&コンサルティング)。会議通訳、翻訳ビジネス、東京外国語大学などでの指導経験を生かした書籍、記事ブログを多数執筆。代表作の『働く女性の英語術』(ジャパンタイムズ)、ベストセラーになった『何でも英語で言ってみる! シンプル英語フレーズ2000』(高橋書店)のほか、近著に『英語を話せる人 勉強しても話せない人 たった1つの違い』(青春出版)、『英語だって日本語みたいに楽しくしゃべりたい リアルライフ英会話for Women』(大和書房)、『伝わる英語 5つの鉄則』(コスモピア)など。
オフィシャルブログ:Keri先生のシネマ英語塾 https://blog.excite.co.jp/kerigarbo/


◆ 株式会社ジャパンタイムズについて
ジャパンタイムズは日本で最も歴史のある英字新聞社として、1897年の創業以来、日本と世界の英文ニュースを国内外に発信しています。「世界に開く日本の窓」としての役割を果たすべく、政治、経済、文化、社会、そしてスポーツ記事を通じ日本の現状と世界の動向を報道してきました。世界中の人が利用するThe Japan Times website(www.japantimes.co.jp/)は、国内最大級の英文ニュースサイトとして多様で独自性のあるコンテンツを揃えています。


【本件に関する問い合わせ先】
株式会社 ジャパンタイムズ
<プレス関係の問い合わせ>
経営推進部(佐々木・熊野)
pr@japantimes.co.jp
TEL:050-3646-0123(代)

<商品に関する問い合わせ>     
出版営業部(松ヶ野)    
bookclub@japantimes.co.jp
TEL: 050-3646-9500   

関連URL:https://bookclub.japantimes.co.jp/


  • 『する英語 感じる英語』表紙 『する英語 感じる英語』表紙
  • 『する英語 感じる英語』ページ見本① 『する英語 感じる英語』ページ見本①
  • 『する英語 感じる英語』ページ見本② 『する英語 感じる英語』ページ見本②
  • 『する英語 感じる英語』ページ見本③ 『する英語 感じる英語』ページ見本③
  • 『する英語 感じる英語』ページ見本④ 『する英語 感じる英語』ページ見本④
  • 【自分の気持ちや経験を英語でもっと伝えたい!】『する英語 感じる英語』発売ニュースリリース 【自分の気持ちや経験を英語でもっと伝えたい!】『する英語 感じる英語』発売ニュースリリース



注目ワード
ボーナス
お歳暮
エコプロダクツ
クリスマスケーキ
クリスマス
大掃除
師走
バーゲンセール
冬休み
忘年会