【栄光ゼミナール】2020年度からの必修化で需要高まる 初心者向けプログラミングイベント初開催!~小学3~6年生対象、アクティブラーニングで主体的な学び~



「プログラぶっく」の専用チップとiPadでプログラミング体験!

「プログラぶっく」の専用チップとiPadでプログラミング体験!

Z会グループ(https://www.zkai-gr.co.jp/)で、首都圏を中心に全国700超の教室を展開する進学塾・栄光ゼミナール(https://www.eikoh-seminar.com/ 運営:株式会社栄光 本社:東京都千代田区 代表取締役社長:下田勝昭)は、2019年7月13日(土)に、小学3~6年生向けプログラミングイベント「プログラミングを始めよう!~迷子のミニパンダを救え~」を開催します。栄光にお通いでないお子さまが対象です。

2020年度より小学校で「プログラミング」が必修となるのを前に、「プログラミング教育の内容を知りたい」「プログラミングに少しでも触れておきたい」といったニーズが高まっています。また、習い事や通信教育など学校外でプログラミングを学習していない小学生の保護者のうち、34.9%が「単発のイベントや講座でプログラミングを学ばせたい」と回答しています。(※当社保護者モニターアンケート2019年1月実施より)

そのような声をうけ、今までプログラミングに触れたことがない小学生が、気軽に参加できるプログラミングイベントを、栄光ゼミナールとして初めて開催します!プログラミングの基本的な考え方やプログラミング的思考とは何かを知ることで、プログラミングの楽しさや興味をもつきっかけとなるイベントです。


【初心者におすすめポイント】
(1)難しい操作ゼロ!専用チップを使った“アンプラグド”のプログラミング
今回のイベントでは、プログラミング学習システム「プログラぶっく」を使用。
電子機器を使用せずにプログラミング的思考を学ぶ「アンプラグドプログラミング」をはじめに行います。
専用チップを並べ手順を考えることで、プログラミングに必要な基本的な考え方(順次・反復・分岐)や
論理的な考え方に触れることができます。
その後iPadを用いて、プログラムが狙い通りに動作するかを検証。
パソコンでの難しい操作がないので、初めてのお子さまでも安心です。

(2)試行錯誤を繰り返す!“アクティブラーニング型”イベント
「プログラムが成功した/失敗した要因は何か」「うまくプログラムするにはどうしたらよいか」を、
子どもたちが考えながら進めていく「アクティブラーニング型」のイベントです。
試行錯誤を繰り返しながら、「答えはひとつではない」という気付きを得ることができます。

※申し込みは6月24日(月)12:00~
 栄光にお通いの方対象の同イベントは、即日で満席になりました。

【企画概要】
企画名:プログラミングを始めよう!~迷子のミニパンダを救え~
参加対象:小学3年生~小学6年生
開催日時:2019年7月13日(土)
     10:30~12:00(小学3・4年生)/13:30~15:00(小学5・6年生)
定員:各回10名
会場:研究社富士見ビル3階(東京都千代田区富士見2-11-3) 各線「飯田橋駅」より徒歩5分
受講料:3,780円(税込)
申込方法:以下のURL(栄光ゼミナールホームページ内)からお申込みください。
     ※6月24日(月)12:00オープン
     https://www.eikoh-seminar.com/information/torikumi/2019/006597.html


【お問い合わせ】
栄光ゼミナール プログラミングイベント事務局
eikoh-pds@eikoh-seminar.com
※ご返答に2・3日いただくことがございます。

関連URL:https://www.eikoh-seminar.com/information/torikumi/2019/006597.html


  • 「プログラぶっく」の専用チップとiPadでプログラミング体験! 「プログラぶっく」の専用チップとiPadでプログラミング体験!
  • アクティブラーニング型授業で主体的な学び アクティブラーニング型授業で主体的な学び
  • 栄光ゼミナールのプログラミングイベント 栄光ゼミナールのプログラミングイベント



注目ワード
運動会
ハロウィン
ピンクリボン
文化祭
中間決算
紅葉
ランドセル