株式会社ワコール


ワコールスタディホール京都/ギャラリー「Things we see together」Louis Terai (ルイ テライ)個展開催のお知らせ



ワコールスタディホール京都は2019年6月26日(水)-7月13日(土)の会期にて、Louis Terai (ルイ テライ)の個展 「Things we see together」を開催いたします。
Louis Terai(ルイ テライ)は11歳より単身渡英しCentral St Martins LONDONからWINCHESTER SCHOOL of ARTへ入学、FINE ART PAINTINGを専攻し、現在はアブストラクトペインティングを中心に年間5000枚超の作品を発表。様々な企業とのコラボレーションも展開しています。
本展は日常の生活の中で2歳の息子が指差し、見ていたものを自分のフィルターを通して描きなおし、作家本人が息子とのライフワークと称したシリーズを展示。写真と絵を展示し対比させることによって、日常のなかでのものの見方や新たな視点を見つける機会になれば幸いです。
何気無い毎日の中から生まれた、2人の記録を是非ご覧ください。

■開催概要

Louis Terai
「Things we see together」

会 期 2019年6月26日(水)-7月13日(土) 
火曜~金曜 10:00-20:00/土曜 10:00-17:30
休 館 日曜・月曜・祝日
会 場 ワコールスタディホール京都 ギャラリー
入 場 無料
URL  https://www.wacoal.jp/studyhall/gallery/event/article95288
お問い合わせ 075-556-0236
お問い合わせ受付時間 火曜~金曜 9:30 - 17:00(年末年始・祝日をのぞく)
主 催 ワコールスタディホール京都

【オープニングレセプション】
日 時  2019年6月26日(火)18:30-21:00  18:00~受付開始              
会 場  ワコールスタディホール京都
本展作家Louis Terai氏とゲストに中川木工芸 比良工房の中川周士氏を迎えてトークイベントを開催いたします。


■プロフィール
Louis Terai (ルイ テライ)

東京生まれ。11歳より単身渡英。Central St Martins LONDONからWINCHESTER SCHOOL of ART入学後、FINE ART PAINTINGを専攻し卒業。その後展覧会に絵画作品を発表するかたわら、ロンドンを拠点に多数のアパレルブランドに企画、バイヤー(BROWNS)として携わる。30歳で帰国。現在はアブストラクトペインティングを中心に年間5000枚超の作品を発表。アートファンのみならず、アートを購入した事の無い人にも、身近で楽しめるアートを提供し続けている。また多数の企業や3.1Philip Lim,CA4LA等アパレルブランドとのコラボレーションを手掛ける。絵画制作だけにとどまらず、様々なディスプレイデザイン(伊勢丹新宿本店ウィンドウジャック等)やブランドプロダクトディレクション(ルイ・ヴィトン、風月堂等)開化堂、中川木工芸等の伝統工芸とのコラボレーションも展開している。

インスタグラム https://instagram.com/louisterai

関連URL:https://www.wacoal.jp/studyhall/gallery/event/article95288




注目ワード
中間決算
紅葉
お歳暮
エコプロダクツ
クリスマスケーキ
クリスマス
バーゲンセール
冬休み
忘年会
ランドセル