株式会社ブイキューブ


ブイキューブ、接続性や資料共有を強化した新バージョンのWeb会議サービス「V-CUBE ミーティング」を提供開始



<Web会議サービス「V-CUBE ミーティング」イメージ>

<Web会議サービス「V-CUBE ミーティング」イメージ>

 株式会社ブイキューブ(本社:東京都港区、代表取締役社長:間下直晃、以下ブイキューブ)は、2019年6月27日(木)、新バージョンのWeb会議サービス「V-CUBE ミーティング」を提供開始いたしました。働き方改革が進み、従来から根強いニーズのある拠点間会議だけでなく、「いつでも」「どこでも」働けるテレワーク、オンラインセールス、セミナーなどビジネスにおける様々なコミュニケーションシーンで、Web会議サービスを始めとしたビジュアルコミュニケーションサービスの活用が広がっています。また、次世代通信「5G」の実用化によって、ビジネスにおけるビジュアルコミュニケーションの利用機会はますます増加していくと考えています。新しい「V-CUBE ミーティング」は、ビジネスシーンでWeb会議を使用する際に重要となる、安定した接続性や資料共有等の表示レスポンス向上などのパフォーマンスを改善し、より利便性を高めました。

【「V-CUBE ミーティング」新バージョンの主な特徴】
■資料共有等の表示操作のレスポンスの向上
アプリケーション共有、デスクトップ共有を行った際の起動・切替え速度などの性能を改善し、よりスムーズに共有いただけるようになりました。

■切断時の再接続性を強化
「V-CUBE ミーティング」は、H.264 / SVC映像コーデックにより、不安定・狭帯域のネットワーク環境に強いという特徴を持っていますが、そのような厳しい環境からWeb会議に参加し、不意な切断が発生した際でも速やかに会議を継続できるように、再接続性を強化しました。

■映像表示拠点数を倍増
標準で一画面上に表示される最大映像数が16となりました。多拠点でも、顔が見えるコミュニケーションを実現します。(オプション契約によって、50拠点まで拡大可能です。)

■音質の強化
音声ノイズ除去処理等の強化を実施し、より聞き取りやすい環境で、Web会議を実施いただけます。

 ブイキューブは、今後もWeb会議サービスの利便性を高め、企業の働き方改革に貢献してまいります。

【ブイキューブとは】
株式会社ブイキューブは「Evenな社会の実現」というミッションを掲げ、「いつでも」「どこでも」コミュニケーションが取れる環境を整備することで、時間や距離の制約によって起こる様々な機会の不平等の解消に取り組んでいます。株式会社シード・プランニングから発行された『2019 ビデオ会議/Web会議の最新市場とクラウドビデオコミュニケーションの現状』において、国内Web会議市場12年連続シェアNo.1を獲得しています。Web会議やテレビ会議、Webセミナーによって働き方改革の実現と、教育や医療などライフスタイルも革新していくことを目指しています。

【会社概要】
商号 : 株式会社ブイキューブ(V-cube, Inc.)
URL : https://jp.vcube.com/

【報道関係のお問い合わせ先】
株式会社ブイキューブ  社長室 広報担当
TEL:03-5475-7250 FAX:03-6866-5601 E-mail:release@pj.vcube.co.jp

関連URL:https://jp.vcube.com/news/release/20190628-1530.html


  • <Web会議サービス「V-CUBE ミーティング」イメージ> <Web会議サービス「V-CUBE ミーティング」イメージ>



注目ワード
ハロウィン
ピンクリボン
文化祭
中間決算
紅葉
ランドセル