15組の絵本作家たちによる「絵本原画ニャ―! ~猫が歩く絵本の世界~」 開催!



ポスター表

ポスター表

尾道市立美術館では、7月6日(土)から「絵本原画ニャ―! ~猫が歩く絵本の世界~」を開催します。
絵本に登場する動物の中でも人気者の猫。この企画展では、15組の絵本作家たちによる絵本の中のユニークな猫たちを紹介します。
リアルだったり、シンプルだったり。描かれた猫たちは、約250点の原画やスケッチなどから作家の息づかいまで感じることができます。
さまざまな色や形に表現された猫たちを通して、「絵」のおもしろさ、豊かさを楽しんでください。

―出展作家(順不同、敬称略)―
加藤休ミ、きくちちき、100%ORANGE、石黒亜矢子、町田尚子、片岡まみこ、牧野千穂、あきびんご、きむらよしお、ささめやゆき、瀬川康男、にしまきかやこ、馬場のぼる、ハンス・フィッシャー、大道あや

開催日時 2019年7月6日(土)~9月1日(日) 9:00~17:00(入館は16:30まで、月曜休館(祝日開館))
※期間中、ワークショップや講演会など、さまざまな企画・プログラムが予定されています。詳しくはホームページをご覧ください。
入館料 一般/800円、高大生/550円、中学生以下無料
[前売は各200円引き、20人以上の団体は各100円引]
※70歳以上、各種手帳をお持ちの方は、証明できるものを提示により無料。


▼尾道市立美術館はこちら
https://www.onomichi-museum.jp/


【尾道市(市長:平谷祐宏)の紹介】
尾道水道を往来する海路、瀬戸内しまなみ海道・中国やまなみ街道で南北に縦断できる陸路を擁する尾道市は、「瀬戸内の十字路」として大いに発展が期待される街になりました。
海を望む坂道からの景観は凝縮した歴史を感じさせ、その独特の歴史文化から3年連続で日本遺産に認定されました。近年では、瀬戸内に浮かぶ島々を自転車で旅する「サイクリストの聖地」としても注目を集めています。

尾道市公式ホームページ
https://www.city.onomichi.hiroshima.jp/


  • ポスター表 ポスター表
  • ポスター裏 ポスター裏



注目ワード
バーゲンセール
梅雨
海の日
海水浴
夏祭り