株式会社ワコール


ワコールスタディホール京都ギャラリー/髙橋 漠 個展「Mix」



ワクワクするような「かたち」や色 ガラスという素材の新たな魅力を発見

ワコールスタディホール京都は2019年7月18日(木)-2019年9月7日(土)の会期にて、福岡を拠点に国内外で活躍するガラス作家 髙橋漠の個展「Mix」を開催します。
髙橋が宙吹きという技法によって作り出す、様々な形のガラスが組み合わさったカラフルな造形物は、どこかで見たことのあるような、ないような、そんな個性的な「かたち」をしており、それぞれの記憶の片隅にある風景や経験、感覚を思い起こさせてくれます。
本展では新作と共に旧作のスタイルも織り交ぜ、日常生活では切り離せないガラスという素材の、新たな表情に気づかせてくれるでしょう。
真夏の京都でガラスの質感や温度を感じながら、皆様が思い描く「かたち」やストーリーを是非見つけてください。

■開催概要
Baku Takahashi Solo exhibition 「Mix」  

会 期 2019年7月18日(木)- 2019年9月7日(土)
火曜~金曜 10:00-20:00/土曜 10:00-17:30
休 館 日曜・月曜・祝日
会 場 ワコールスタディホール京都 ギャラリー
入 場 無料
URL  https://www.wacoal.jp/studyhall/gallery/event/article95718
お問い合わせ 075-556-0236
お問い合わせ受付時間 火曜~金曜 9:30 - 17:00(年末年始・祝日をのぞく)
主 催 ワコールスタディホール京都

【オープニングレセプション】
日 時  2019年7月18日(木)19:00-20:30         
会 場  ワコールスタディホール京都
出展作家を迎えたレセプションを開催いたします。

■プロフィール
髙橋漠 (Baku Takahashi)
1986年 福岡県生まれ
多摩美術大学でガ ラス工芸を学び、卒業後は修行を経て2015年に地元である福岡へ帰郷。様々あるガラス技法の中でも、主に宙吹きという技法を用いて制作している。宙吹きならではの”溶けたガラス”を使った作品からは、不思議で豊かなガラスの表情を垣間見ることができる。2016年より、ガラス作家の和田朋子と共にガラスウェアブランド、「TOUMEI」を開始。
ホームページ:https://www.bakutakahashi.com/
Instagram:https://www.instagram.com/baku_glass/

■ステートメント
今回のワコールスタディホール京都での展示会では、新作の他に、いままでに作った過去の作品も併せてごちゃごちゃに並べてみようと思います。 僕は作品を作るときに、まず完成形を決めずにパーツごとのスケッチをします。特に具体的なイメージを持たないように意識して、なるべくたくさんの形を描き出します。たくさん描くことによって自分の意図からだんだんと離れ、想像もできなかったような形が出てくることがあります。想像もできなかったような形とは言っても、それは頭の中にある、どこかで見た画像や道端でみかけたものの記憶が元になっていると思います。そのスケッチを手掛かりにガラスで作品のパーツを作ります。それを向きや順番もぐちゃぐちゃに並べたり積み重ねたりして、合体ロボットのように組み合わせて行きます。扱っているのは、自分がひとつひとつ作ったパーツなのですが、編集者のような気分で組み合わせます。 人それぞれの考え方やアイデアにおいても、価値を対等にして並べてみたり、組み合わせてみる事で新たな視点や気づきを得ることもあると思っています。そういった瞬間に触れる事は、僕が作品を作る理由のひとつです。
髙橋 漠

関連URL:https://www.wacoal.jp/studyhall/gallery/event/article95718




注目ワード
浴衣
夏休み
花火
夏祭り
防災の日
台風