学校法人近畿大学


学生起業支援プログラム「OKonomi(おこのみ)」を開始 日本一ベンチャー企業が生まれる大学を目指して



学生起業支援プログラム「OKonomi(おこのみ)」

学生起業支援プログラム「OKonomi(おこのみ)」

近畿大学(大阪府東大阪市)は、近大発ベンチャー企業の創出に向けて、令和元年(2019年)7月25日(木)から、起業したい学生の支援・指導を行う、起業支援プログラム「OKonomi(おこのみ)」を開始します。

【本件のポイント】
●起業家を目指す学生を対象とした起業審査会を実施
●審査会で選定された学生は法人立ち上げ資金が授与され、専門家による成長支援サービスを1年間受けることができる
●「OKonomi(おこのみ)」を通じて、初年度は10件、5年間で100件の起業創出を目指す

【本件の内容】
近畿大学ではこれまで、シリコンバレー生まれの実践型起業家教育講座「Lean LaunchPad」や、ビジネスの基礎要素を実践的に体験する講座「KINDAI STARTUP ACADEMY」など、起業したい学生のための講座を開催してきました。
今回は、これらの受講学生を主な対象とし、専門家(VC※、起業家 等)による起業審査会を実施します。審査会でビジネス性が認められた学生及びチームには、初期起業支援として30万円の法人設立資金を授与します。また、法人設立後は専門家による成長支援サービスを1年間受けることができ、月1回の事業モニタリングによる成長支援や、ビジネスを継続させるためのバックヤード支援を受けることができます。本プログラムを通じて、学生の背中を後押しし、学生起業家の継続的な輩出を目指します。初年度は10件、5年間で100件の学生起業家の輩出を目指し、日本で一番ベンチャー企業が生まれる大学を目指します。
本プログラム名の「OKonomi(おこのみ)」は、大阪らしく「お好み焼き」をイメージしています。「お好み焼き」は形や具材、味付けは焼く人の好みで自由であるということから、「起業」も学生それぞれが個性と想いを自在に表現すべきであるという考えを込めて、このネーミングにしました。
※VC:スタートアップやベンチャー企業に投資し、その企業が成長したあとに株を売却する機関。

【開催概要】
日   時:第1回 令和元年(2019年)7月25日(木)13時~15時頃
      第2回 令和元年(2019年)8月29日(木)13時~15時頃
      第3回 令和元年(2019年)10月24日(木)13時~15時頃
      第4回 令和元年(2019年)11月28日(木)13時~15時頃
      第5回 令和元年(2019年)12月19日(木)13時~15時頃
      第6回 令和2年(2020年)2月27日(木)13時~15時頃
      第7回 令和2年(2020年)3月19日(木)13時~15時頃
場   所:近畿大学東大阪キャンパス ACADEMIC THEATER(アカデミックシアター)
      (大阪府東大阪市小若江3-4-1、近鉄大阪線「長瀬駅」から徒歩約10分)
対   象:近畿大学学生(全学部対象)

関連URL:https://www.kindai.ac.jp/


  • 学生起業支援プログラム「OKonomi(おこのみ)」 学生起業支援プログラム「OKonomi(おこのみ)」



注目ワード
浴衣
夏休み
花火
夏祭り
防災の日
台風