学校法人近畿大学


飯塚市×近畿大学九州短期大学 「災害時における避難所施設利用等に関する協定」締結式を実施



飯塚市長 片峯 誠 氏(左)と近畿大学九州短期大学学長 林 幸治(右)

飯塚市長 片峯 誠 氏(左)と近畿大学九州短期大学学長 林 幸治(右)

福岡県飯塚市と近畿大学九州短期大学(福岡県飯塚市)は、本日、令和元年(2019年)7月31日(水)飯塚市役所にて災害時における避難所施設利用等に関する協定を締結しました。

【本件のポイント】
●過去の災害の教訓を踏まえ、飯塚市と「避難所施設利用等に関する協定」を締結
●協定の締結により地域防災の役割を果たし、防災対策の充実を図る
●風水害や事故災害時に、地域住民が安心して過ごせる施設として近畿大学九州短期大学の体育館および駐車場を提供

【本件の内容】
飯塚市は、平成15年7月に集中豪雨が飯塚市中心部を襲い浸水被害で壊滅状態となりました。菰田地区も地盤が低く集中豪雨による浸水が懸念されております。本学は、これまでの災害の教訓を踏まえ、飯塚市における災害対策にどのように関わるかを検討した結果、飯塚市菰田にある本学の一部施設(体育館および駐車場)を避難場所として指定することとし、飯塚市と「避難所施設利用等に関する協定」を締結しました。これにより、大規模災害が発生した場合には、近畿大学九州短期大学が地域防災の役割を果たし、防災対策のさらなる充実を図ることが出来ます。

関連URL:https://www.kjc.kindai.ac.jp/


  • 飯塚市長 片峯 誠 氏(左)と近畿大学九州短期大学学長 林 幸治(右) 飯塚市長 片峯 誠 氏(左)と近畿大学九州短期大学学長 林 幸治(右)


このカテゴリーの関連ニュースリリース(調査・報告、CSR)


注目ワード
浴衣
夏休み
花火
夏祭り
防災の日
台風