株式会社船井総合研究所


【船井総合研究所】放課後デイモデル法人視察セミナー 運動学習特化型療育を現場視察で体感する「障がい福祉サービス成功事例2019-2」を開催



全国150事業所が取り入れている運動学習特化型療育プログラムを作成した法人の現場から学ぶ

株式会社船井総合研究所は2019年9月5日(木)、大阪市北区において放課後等デイサービスのモデル法人を視察する「障がい福祉サービス成功事例2019-2」を開催いたします。

▼視察セミナー詳細・お申込みはこちら
https://lp.funaisoken.co.jp/kaigo-keiei/seminar/049491_lp/

児童発達支援や放課後等デイサービス事業をされる皆様においては、最近になって「特化型療育」という言葉が少しずつ聞かれるようになったのではないでしょうか。

今回の視察先は、全国約150事業所が取り入れている運動学習特化型療育のプログラムを作成した、東京都新宿区に本社を置く株式会社ボディアシストの事業所「スポーツひろば プレイス」(大阪市北区)です。

同社は、お子様に関する困りごとや保護者の要望を丁寧にヒアリングしています。それらを反映させ緻密に練られた療育プログラムは圧倒的な強みとなり、どの事業所もキャンセル待ちになるほどです。
自己肯定感を高める療育プログラムにより運動の苦手を克服した子どもは、毎日を生き生きと過ごすようになります。その結果、保護者から高い支持を受け、我が子を通わせ続けたいと思う善循環が完成しています。

障がい児の数は年々増加傾向にあり、児童発達支援や放課後等デイサービスの需要は伸びることが予測されます。しかし、それと同時に重要となるのが「選ばれるコンセプト作り」です。
利用者から選ばれるには、独自の療育プログラムがしっかりと導入されているか、専門職の指導等により児童の療育機能を高められるかが鍵となります。
これらが完成された事業所はまだわずかで競合も少ないため、競争を回避できるのです。

児童は、このような児童発達支援・放課後等デイサービスに通うことで、将来必要となるコミュニケーション能力や集団行動力を身に付けながら楽しくトレーニングすることができます。

本セミナーでは、児童発達支援や放課後等デイサービスで選ばれる事業所になるポイントを、ゲスト法人である株式会社ボディアシスト 運営責任者 森田博文氏の講演と現地視察を交えながら、余すところなくお伝えします。
実際の事業所の視察を行い、運動学習特化型療育の現場を体感できる貴重な機会です。お見逃しのないよう、ぜひこの機会にご参加下さい。

障がい福祉 モデル法人視察セミナー
成功法人から学ぶ!【障がい福祉サービス成功事例2019-2】

【セミナー概要】
 日時:2019年9月5日(木)13:00~18:00(受付12:30~)
 会場:大阪市北区天神橋6丁目4-20 住まい情報センター4階
 (大阪メトロまたは阪急電鉄「天神橋筋六丁目」駅下車3番出口すぐ)
 視察会場:「スポーツひろばプレイス」大阪市北区本庄東1丁目9-9-2階
 料金:53,784円/一名様(税込)

▼視察セミナー詳細・お申込みはこちら
https://lp.funaisoken.co.jp/kaigo-keiei/seminar/049491_lp/


【お問い合わせ】
 株式会社船井総合研究所 地域包括ケア支援部
 電話:0120-964-000(平日9:30~17:30)
 申し込みに関する問い合わせ 星野
 内容に関する問い合わせ 山本 貴大

関連URL:https://kaigo-keiei.funaisoken.co.jp/

このリリースについてのお問い合わせ




注目ワード
敬老の日
月見
シルバーウィーク
台風
運動会
ピンクリボン
文化祭