日本オラクル株式会社


オラクルとVMware、顧客のハイブリッド・クラウド戦略支援で連携



新しい「Oracle Cloud VMware Solution」により、お客様はオラクル・クラウド上でVMwareワークロードが実行可能に
VMware仮想環境で稼働するオラクル製品のテクニカル・サポートを提供

(本資料は米国2019年9月16日にオラクル・コーポレーションより発表されたプレスリリースの抄訳です)
Oracle OpenWorld, サンフランシスコ – 2019年9月17日

オラクルとVMwareは本日、クラウドへの移行に企業のエンタープライズ・ソフトウェアとクラウド・ソリューションを利用するお客様を支援するためにパートナーシップを拡張したことを発表しました。この新しいパートナーシップにより、お客様は、VMware Cloud Foundationを「Oracle Cloud Infrastructure(https://www.oracle.com/cloud/)」上で稼働することで、自社のハイブリッド・クラウド戦略をサポートできます。この新規ソリューションにより、お客様は、VMware vSphereワークロードをオラクルの「Gen 2 Cloud Infrastructure」に簡単に移行し、一貫したインフラストラクチャとオペレーションのメリットを得ることができます。このパートナーシップの一部として、オラクルは、お客様のオンプレミス・データセンターとオラクルが認定するクラウド環境の両方のVMware環境で稼働するオラクル・ソフトウェアのテクニカル・サポートを提供します。

Oracle Cloud Infrastructure担当エグゼクティブ・バイスプレジデントであるドン・ジョンソン(Don Johnson)は、次のように述べています。「多くのお客様がクラウドへと移行する中で、優れたVMwareエクスペリエンスが求められています。オラクル・クラウドのお客様が、VMwareの管理アクセスを維持しながら、オラクル・クラウドでVMwareワークロードを実行できるようになることを嬉しく思います。これは、クラウドと当社のベアメタル・サービス内のレイヤー2ネットワーキングによって実現されます。お客様は、既存のVMware投資、プロセス、ツールを拡張できると同時に、『Oracle Cloud Infrastructure』のセキュリティとパフォーマンスからメリットを得ることができます。」

VMwareの最高執行責任者(COO)、カスタマー オペレーションであるサンジェイ・プーネン(Sanjay Poonen)は、次のように述べています。「我々は、VMware上で稼働するOracle製品に対して初めて、テクニカル・サポートが正式に提供されることを嬉しく思います。これはお客様にとってメリットがあることです。オラクルがVMware Cloud Provider Programに参加することを歓迎します。これにより、『Oracle Cloud Infrastructure』内のVMware Cloud Foundation上で実行されているワークロードを移行および管理できるようになります。」

オラクル・クラウドでのVMwareワークロードの実行
今回の発表により、オラクルはVMware Cloud Provider Programのパートナーとなり、「Oracle Cloud VMware Solution」は、オラクルとオラクルのパートナーを通じて販売されます。ソリューションはVMware Cloud Foundationをベースとし、VMware vSphere、NSX、vSANなど、フルスタックのソフトウェア・デファインド・データセンター(SDDC)を提供します。お客様は、一貫的なインフラストラクチャとオペレーションを通じてアプリケーションの移行と先進化を行うことができ、オンプレミス環境とオラクル・クラウド環境の間でワークロードをシームレスに移行できます。

お客様は、同じクラウド・データセンター、同じネットワークで実行され、一貫的なポータルとAPIを備える、「Oracle Autonomous Database」、「Oracle Exadata Cloud Service」、「Oracle Database Cloud」などのオラクルのサービスを簡単に利用できます。お客様は、急速に拡大するオラクルのグローバル・リージョンを活用することで、自社データセンターを構築する必要なくグローバルな拡張が可能になります。オラクルは、基盤となる物理サーバーへの管理アクセスを提供するため、従来はオンプレミスのみで可能であったレベルのコントロールが可能になります。お客様は、VMware vCenterを利用して、オンプレミスのクラスタとオラクル・クラウドベースのSDDCの両方を単一画面から管理できます。オラクルは、このソリューションに対して最良のテクニカル・サポートを提供します。

詳細については、以下をご覧ください:https://www.oracle.com/cloud/VMware

VMware上のオラクル向けのカスタマー・サポート
さらに、お客様はVMware環境で稼働するオラクル製品のオラクル・テクニカル・サポートにアクセスできます。オラクルのサポート・ステートメントが更新されると、お客様は、より短時間で問題の解決方法にアクセスできるようになります。オラクルは、オラクルがサポートするコンピューティング環境に対応しているバージョンのオラクル製品の実行についてアクティブなサポート契約を結んでいるお客様をサポートします。

お客様からのコメント
「オラクルとVMwareは、組織を正常に運営する上で頼りにしているテクノロジー・プロバイダーです。両社の長期間の顧客として、今回のパートナーシップにオラクル製品のサポートが明確に示されていることを嬉しく思っています。我々の最大の関心事について我々の戦略的パートナー同士が連携し、何か問題が生じたときには完全にサポートされ、オペレーションの中断が最小限に抑えられることは、より大きな安心につながります。」– インディアナ大学、エンタープライズ・データベース管理担当チーフ・データ・アーキテクト兼マネージャー、ダン・ヤング(Dan Young)氏

「我々は、オンプレミスで複数バージョンのVMwareを実行しています。オラクルは、同等の性能をクラウド上で提供してくれるため、企業ITポリシーを満たすことができます。これは、ミッションクリティカルなワークロードをクラウドへ移行するために必要なレベルのコントロールです。」– HDFC銀行、CIO兼ITグループ責任者、ミュニッシュ・ミッタル(Munish Mittal)氏

ヴイエムウェア社について
ヴイエムウェアのソフトウェアは、複雑化する世界中のデジタル インフラを支えています。ヴイエムウェアのクラウド、ネットワーキング、セキュリティ、デジタルワークスペースを、世界中のパートナ エコシステムを通じて顧客にダイナミックかつ効率性に優れたデジタル基盤として提供しています。カリフォルニア州パロアルトに本社を置き、ビジネスと社会に貢献するVMwareの革新的なイノベーションの提供からグローバル インパクトまで世界への貢献に努めています。VMwareの詳細は www.vmware.com/jpをご覧ください。

日本オラクル公式ソーシャルメディアチャネル
・Facebook http://www.facebook.com/OracleJP
・Twitter https://twitter.com/Oracle_Japan

オラクルについて
Oracle Cloudは、ERP、HCM、Customer Experience (CX)を網羅した広範なSaaSアプリケーションに加え、業界最高水準のデータベースを含む Platform as a Service (PaaS)、Infrastructure as a Service (IaaS) を米州、欧州、アジア地域にわたるデータセンターから提供しています。 オラクル(NYSE:ORCL)に関するより詳細な情報については、www.oracle.com をご覧ください。

Oracle OpenWorldについて
「Oracle OpenWorld」は、20年間にわたって開催されている業界で最も重要なビジネスおよびテクノロジー・カンファレンスです。数万人もの来場と、オンライン上では数百万人もの参加者を集め、イノベーションと成長にクラウドを活用する企業への貢献に重点を置き、業界トレンドやテクノロジーが実現するブレークスルーに対する深いインサイトを提供します。
世界の250社以上のパートナー企業およびお客様が数百におよぶデモ、実践ラボ、展示を行う「Oracle OpenWorld」は、クラウド・アプリケーションからインフラストラクチャに至る先進のクラウド・テクノロジーの展示の場となっています。登録方法、基調講演の視聴方法、セッション詳細などの情報は、 http://www.oracle.com/openworld または http://www.oracle.com/newsroom をご参照ください。


将来の製品に関する免責条項
上記の事項は、弊社の一般的な製品の方向性に関する概要を説明するものです。また、情報提供を唯一の目的とするものであり、いかなる契約にも組み込むことはできません。上記の事項は、マテリアルやコード、機能を提供することをコミットメント(確約)するものではないため、購買決定を行う際の判断材料にしないで下さい。オラクル製品に関して記載されている機能の開発、リリース、時期および価格については、弊社の裁量により変更される可能性があります。

将来の見通しに関する記述
オラクルの将来の計画、期待、信念、意図に関する本記事内の記述は「将来に関する記述」であり、重大なリスクや不確実性が生じる可能性があります。こうした記述はオラクルの現在の期待と実際の結果に影響を及ぼす可能性があり、実際の結果が大きく異なる可能性があります。これらの記述およびオラクルのビジネスに影響を及ぼすその他のリスクに関しては、Form 10-K での オラクルの最新のレポートならびに Form 10-Q の「Risk Factors」など、米証券取引委員会 (SEC) に提出されているオラクルの報告書に記載されます。これらの報告書は、SECのウェブサイトまたはオラクルのウェブサイト http://www.oracle.com/investor からご覧いただくことができます。本記事内の情報はすべて、2019年9月16日時点で最新であり、オラクルは新しい情報や将来の出来事を踏まえて記述を更新する義務を負いません。

* OracleとJavaは、Oracle Corporation 及びその子会社、関連会社の米国及びその他の国における登録商標です。文中の社名、商品名等は各社の商標または登録商標である場合があります。


【本件に関するお問い合わせ先】
日本オラクル株式会社 広報室 石山
Tel: 03-6834-4837 / Fax: 03-6834-6129/ E-mail: pr-room_jp@oracle.com
プレスルーム http://www.oracle.com/jp/corporate/press/




注目ワード
運動会
ハロウィン
ピンクリボン
文化祭
中間決算
紅葉
ランドセル