日本オラクル株式会社


オラクル、データベース・イノベーションにおけるリーダーシップを拡大



画期的なデータ・マネジメント・テクノロジーを継続的に提供し、企業データの保護と収益化を支援

(本資料は米国2019年9月16日にオラクル・コーポレーションより発表されたプレスリリースの抄訳です)
Oracle OpenWorld, サンフランシスコ – 2019年9月17日

オラクルは本日、データ・マネジメント・ポートフォリオ(https://www.oracle.com/database/)における重要な新しいイノベーションを発表しました。これにより、企業はクラウドでもオンプレミスでも、さらには「Exadata Cloud at Customer」を介してミッションクリティカルなワークロードをより簡単、迅速、安全に稼働できるようになります。オラクルは業界で唯一の自律型データベース「Oracle Autonomous Database」をはじめ、世界で最も包括的なデータ・マネジメント・ソリューションを提供し続けています。

オラクルのデータベース・サーバー技術担当エグゼクティブ・バイスプレジデントのアンドリュー・メンデルソン(Andrew Mendelsohn)は次のように述べています。「オラクルは比類なき情熱をもって、お客様が今後直面する課題の解消を、テクノロジーへの投資とイノベーションによって支援しようとしています。オラクルの『Autonomous Database』が業界基準を設定し、当社の製品ライン全体を通じて多数の新たな機能を導入することができ、非常に嬉しく思います。」

今回発表した次世代イノベーションには、以下が含まれます。

「Autonomous Database」の機能拡充:1カ月のうちに4大陸すべてにわたり、新たに4つのクラウド・リージョンを立ち上げたことに加え、オラクルは引き続き、自律型データベースの「Autonomous Database」の機能を拡充し、ミッションクリティカルなワークロードをクラウドに移行しようとするエンタープライズ顧客のニーズに対応します。また、「Oracle Autonomous Database」のお客様専用の導入オプションの提供を開始します。新たなオプションでは顧客企業に最高レベルのセキュリティと信頼性、あらゆるクラスのデータベース・ワークロードの運用管理を提供します。オラクルは「Oracle Autonomous Database」が提供開始後1年で、かつてない勢いで全世界に拡大していることも発表しました。

また、オラクルは「Oracle Autonomous Database」へのサポート拡大を可能にする「Enterprise Manager」のリリースも発表しました。「Autonomous Database」のためのガイド付きマイグレーションによって、企業はオンプレミスのワークロードを「Autonomous Database」をはじめとする「Oracle Cloud」へ簡単に移行することができます。

Exadataポートフォリオの拡張—オラクルは「Gen 2 Exadata Cloud at Customer」および「Exadata」のプラットフォームである「Oracle Exadata X8M」の最新版の提供を開始することも発表しました。「Oracle Generation 2 Exadata Cloud at Customer」はOracleのパブリッククラウドに「Cloud Control Plane」を実装しており、企業は自社データセンター内において大規模なスケールで提供される「Oracle Exadata Cloud」のあらゆるメリットを享受できます。「Exadata X8M」は新たにコンバージドEthernetを介したリモート・ダイレクト・メモリアクセス(RoCE)による高帯域の低遅延ネットワーク・ファブリックやIntel® Optane™ DC Persistent Memoryモジュールを使用したPersistent Memory Acceleratorをはじめとする先進テクノロジーを統合しています。これらのテクノロジーを、イノベーションを続ける「Exadata System Software」と一体化することで、「Exadata X8M」システムは従来世代と比べて2.5倍強のI/Oと10分の1以下に低減したI/Oレイテンシを実現します。

さらに「Exadata」がオラクルの数千の顧客企業の中核事業に貢献する一方で、新しい「Oracle Database Appliance (ODA) X8」は分散型エンタープライズのエッジ部分におけるビジネス課題解消に役立つと同時に、中小規模の組織に求められるパフォーマンスや容量、ビジネス価値も提供します。

データベース・ソフトウェア・イノベーションの加速:「Oracle Database」は先進データベース・テクノロジーにおけるリーダーの地位を拡大しつつあり、「Oracle Database 20c」と「Oracle Autonomous Database」の2つの主要ソフトウェアのプレビューも公開しました。これにはネイティブのPersistent Memory(PMEM:パーシステントメモリ(永続性メモリ))データベース、Automated Machine Learning(AutoML)、セキュアなトランザクションのためのネイティブのブロックチェーン・テーブル、パフォーマンス向上のためのバイナリJSONデータ型も含まれます。

ネイティブのPersistent Memoryを導入したことで、企業は高頻度な取引やモバイルコミュニケーションなど、低レイテンシを要するワークロード全体を通じてデータアクセスを高速化できます。AutoMLは機械学習モデルを大規模な範囲で自動的に構築して比較するだけでなく、専門家以外による機械学習の利用を促進します。さらに、オラクルは新たに、行を暗号化して連結し、セキュアな台帳を提供するブロックチェーンの新たなテーブルタイプも発表しました。この台帳はブロックチェーン・テーブルを別のテーブルのトランザクションクエリに加えられるようにすることで、既存のブロックチェーン・インプリメンテーションに比べて使いやすく、より機能的になっています。

開発者向け機能の拡充:オラクルは継続的な戦略として世界中の開発者がデータベースにアクセスできるよう取り組んでおり、今回、Always Freeのサービスに「Oracle Autonomous Database」と「Oracle Cloud Infrastructure」を追加することで、開発者や学生、教育者および関連組織が無償でデータベースの構築や学習、検索を行えるようになりました。Always Freeの「Autonomous Database」には「Oracle Application Express (APEX)(https://apex.oracle.com/en/platform/autonomous/)」、「Oracle SQL Developer Web」および「Oracle REST Data Services」など「Autonomous Database(https://developer.oracle.com/databases/)」の豊富な開発者向け機能が搭載されています。

お客様のデータ保護を自動化:「Oracle Data Safe」は一元化されたデータベース・セキュリティ・コントロールセンターであり、データベース・セキュリティを自動化し、データやユーザー、設定に関するセキュリティ問題の可視化を向上します。「Oracle Data Safe」はデータベース・アクティビティの監視や機密データの発見、データ・マスキングなど、重要なセキュリティ・コントロールを提供し、セキュリティリスクを最小化、もしくは排除します。「Oracle Data Safe」は、データベース・セキュリティにおけるオラクルの数十年の経験を活かし新たに構築されており、お客様が利用する「Autonomous Database」などの「Oracle Database Cloud」サービスの保護を支援し、常時稼働する暗号化やセルフパッチ適用など、「Oracle Autonomous Database」にすでに組み込まれているセキュリティ機能を補完します。「Oracle Data Safe」は、「Oracle Cloud Infrastructure」上で利用可能であり、「Oracle Database Cloud」の全てのサービスに含まれます。

日本オラクル公式ソーシャルメディアチャネル
・Facebook http://www.facebook.com/OracleJP
・Twitter https://twitter.com/Oracle_Japan

オラクルについて
Oracle Cloudは、ERP、HCM、Customer Experience (CX)を網羅した広範なSaaSアプリケーションに加え、業界最高水準のデータベースを含む Platform as a Service (PaaS)、Infrastructure as a Service (IaaS) を米州、欧州、アジア地域にわたるデータセンターから提供しています。 オラクル(NYSE:ORCL)に関するより詳細な情報については、www.oracle.com をご覧ください。

Oracle OpenWorldについて
「Oracle OpenWorld」は、20年間にわたって開催されている業界で最も重要なビジネスおよびテクノロジー・カンファレンスです。数万人もの来場と、オンライン上では数百万人もの参加者を集め、イノベーションと成長にクラウドを活用する企業への貢献に重点を置き、業界トレンドやテクノロジーが実現するブレークスルーに対する深いインサイトを提供します。
世界の250社以上のパートナー企業およびお客様が数百におよぶデモ、実践ラボ、展示を行う「Oracle OpenWorld」は、クラウド・アプリケーションからインフラストラクチャに至る先進のクラウド・テクノロジーの展示の場となっています。登録方法、基調講演の視聴方法、セッション詳細などの情報は、 http://www.oracle.com/openworld または http://www.oracle.com/newsroom をご参照ください。

将来の製品に関する免責条項
上記の事項は、弊社の一般的な製品の方向性に関する概要を説明するものです。また、情報提供を唯一の目的とするものであり、いかなる契約にも組み込むことはできません。上記の事項は、マテリアルやコード、機能を提供することをコミットメント(確約)するものではないため、購買決定を行う際の判断材料にしないで下さい。オラクル製品に関して記載されている機能の開発、リリース、時期および価格については、弊社の裁量により変更される可能性があります。

将来の見通しに関する記述
オラクルの将来の計画、期待、信念、意図に関する本記事内の記述は「将来に関する記述」であり、重大なリスクや不確実性が生じる可能性があります。こうした記述はオラクルの現在の期待と実際の結果に影響を及ぼす可能性があり、実際の結果が大きく異なる可能性があります。これらの記述およびオラクルのビジネスに影響を及ぼすその他のリスクに関しては、Form 10-K での オラクルの最新のレポートならびに Form 10-Q の「Risk Factors」など、米証券取引委員会 (SEC) に提出されているオラクルの報告書に記載されます。これらの報告書は、SECのウェブサイトまたはオラクルのウェブサイト http://www.oracle.com/investor からご覧いただくことができます。本記事内の情報はすべて、2019年9月16日時点で最新であり、オラクルは新しい情報や将来の出来事を踏まえて記述を更新する義務を負いません。

* OracleとJavaは、Oracle Corporation 及びその子会社、関連会社の米国及びその他の国における登録商標です。文中の社名、商品名等は各社の商標または登録商標である場合があります。


【本件に関するお問い合わせ先】
日本オラクル株式会社 広報室 石山
Tel: 03-6834-4837 / Fax: 03-6834-6129/ E-mail: pr-room_jp@oracle.com
プレスルーム http://www.oracle.com/jp/corporate/press/




注目ワード
運動会
ハロウィン
ピンクリボン
文化祭
中間決算
紅葉
ランドセル