日本オラクル株式会社


オラクル、Fusion ERPに事前定義済みの強力なエンタープライズ向けアナリティクスを提供開始



統合アナリティクス、自律型データベース、事前定義済みデータ・モデル、ベスト・プラクティスのKPIにより、短期間で投資を回収

(本資料は米国2019年9月17日にオラクル・コーポレーションより発表されたプレスリリースの抄訳です)
Oracle OpenWorld, サンフランシスコ – 2019年9月18日


オラクル(https://www.oracle.com/index.html)は本日、あらゆる組織をデータ/インサイト中心の専門家へと変わることを支援する、「Oracle Analytics for Applications(https://www.oracle.com/solutions/business-analytics/analytics-for-applications.html)」を初めて提供開始することを発表しました。この「Oracle Analytics for Applications」は、企業が会計・財務プロセスを実行するために使用している、Fusion Cloudのエンタープライズ・リソース・プランニング(ERP)アプリケーション「Oracle ERP Cloud」向けに設計されています。

「Oracle Analytics for Fusion ERP」は、事業部門のユーザーや意思決定者に、パーソナライズされたアナリティクスと、複数の事業部門を横断して優れたアナリティクスを提供します。高度なアナリティクス・プラットフォームの1つである「Oracle Analytics Cloud」上に構築され、業界初の自律型データベース「Oracle Autonomous Data Warehouse(https://www.oracle.com/database/autonomous-database.html)」によって強化されており、「Oracle ERP Cloud」(https://www.oracle.com/applications/erp/)と事前構築済みのデータを集める仕組み、データ・モデル、およびベスト・プラクティスのKPIが統合されています。お客様は機械学習によるインサイトとセルフサービス・アナリティクスにより、業績を監視および改善し、さらに企業全体にわたり一貫したデータに基づいて意思決定を行えるようになります。

オラクル、Oracle Analytics担当シニア・バイスプレジデントであるT.K.・アナンド(T.K. Anand)は、次のように述べています。「当社のお客様と業界は、高度なインテリジェンスに容易にアクセスでき、企業横断のアナリティクスを求めています。『Oracle Analytics for Applications』により、生産ラインの社員から経営執行者に至るまで、ユーザーがニーズに応じてデータとアナリティクス機能をすぐに利用できるようなり、誰もが売上/収益拡大の実現に向けて積極的な役割を果たせるようになります。」

組織は、オラクルが管理するデータを集める仕組とベスト・プラクティス・コンテンツのおかげで、クラウド内で事前定義済みアナリティクス・アプリケーションの価値を享受できるようになります。「Oracle Analytics for Fusion ERP」には、「Oracle Analytics Cloud」経由で提供されるダッシュボードと可視化機能が含まれており、企業全体に渡り、複数の機能のKPIを一元化して、パフォーマンスを総合的に把握できるようにします。今後「Oracle Analytics for Applications」は、人材管理(HCM)(https://www.oracle.com/applications/human-capital-management/)、カスタマー・エクスペリエンス(CX)(https://www.oracle.com/applications/customer-experience/)、サプライチェーン管理(SCM)(https://www.oracle.com/applications/supply-chain-management/)などのOracle Cloudアプリケーションにも、さらなる統合と事前構築済みのコンテンツを追加します。

「Oracle Analytics for Applications」には、オラクルが管理するデータを集める仕組、データウェアハウス、すぐに利用できるセマンティック・モデル、およびセルフサービスのための統一されたデータ検索のためのユーザ・エクスペリエンス、ビジネス・ユーザーのためのレポーティングやダッシュボード機能、プロセスがあります。「Oracle Analytics for Applications」は拡張可能で、カスタマイズが可能であり、クラウド、デスクトップ、モバイルにおけるインサイトへのシームレスなアクセスを可能にします。さらにお客様は外部ソースからデータを取り込み、「Oracle ERP Cloud」のデータと組み合わせることもできます。すべての事業部門ユーザーは、事前に構築されたビジネス・コンテンツやインサイトにアクセス可能です。すぐに利用できるデータを集める仕組み、データ・モデル、自律型データベース機能を備えているため、データベースの設計、チューニング、ETL、またはデータ・モデリングが不要であり、IT部門はデータ環境の構築と保守から解放されます。

Oracle Analytics
「Oracle Analytics for Applications」は、「Oracle Analytics(https://www.oracle.com/solutions/business-analytics/)」の中心となるサービスです。「Oracle Analytics」は、オラクルが新たにシンプル化した、データ、アナリティクス、アプリケーションを結び付ける1つのブランドであり、ビジネス・ユーザー、アナリスト、IT部門のニーズに対応します。「Oracle Analytics」は、データの準備、可視化、エンタープライズ・レポート生成、拡張アナリティクス、自然言語処理(NLP)のための、AIを利用した業界トップのセルフサービス・アナリティクス機能をお客様に提供します。また「Oracle Analytics」には、「Oracle Analytics Cloud」および「Oracle Analytics Server」も含まれています。

関連資料
•Oracle Analyticsの詳細 https://www.oracle.com/analytics/
•Oracle AnalyticsのTwitterアカウント https://twitter.com/OracleAnalytics

日本オラクル公式ソーシャルメディアチャネル
•Facebook http://www.facebook.com/OracleJP
•Twitter https://twitter.com/Oracle_Japan

オラクルについて
Oracle Cloudは、ERP、HCM、Customer Experience (CX)を網羅した広範なSaaSアプリケーションに加え、業界最高水準のデータベースを含む Platform as a Service (PaaS)、Infrastructure as a Service (IaaS) を米州、欧州、アジア地域にわたるデータセンターから提供しています。 オラクル(NYSE:ORCL)に関するより詳細な情報については、www.oracle.com をご覧ください。

Oracle OpenWorldについて
「Oracle OpenWorld」は、20年間にわたって開催されている業界で最も重要なビジネスおよびテクノロジー・カンファレンスです。数万人もの来場と、オンライン上では数百万人もの参加者を集め、イノベーションと成長にクラウドを活用する企業への貢献に重点を置き、業界トレンドやテクノロジーが実現するブレークスルーに対する深いインサイトを提供します。
世界の250社以上のパートナー企業およびお客様が数百におよぶデモ、実践ラボ、展示を行う「Oracle OpenWorld」は、クラウド・アプリケーションからインフラストラクチャに至る先進のクラウド・テクノロジーの展示の場となっています。登録方法、基調講演の視聴方法、セッション詳細などの情報は、http://www.oracle.com/openworldまたはhttp://www.oracle.com/newsroomをご参照ください。


将来の製品に関する免責条項
上記の事項は、弊社の一般的な製品の方向性に関する概要を説明するものです。また、情報提供を唯一の目的とするものであり、いかなる契約にも組み込むことはできません。上記の事項は、マテリアルやコード、機能を提供することをコミットメント(確約)するものではないため、購買決定を行う際の判断材料にしないで下さい。オラクル製品に関して記載されている機能の開発、リリース、時期および価格については、弊社の裁量により変更される可能性があります。

将来の見通しに関する記述
オラクルの将来の計画、期待、信念、意図に関する本記事内の記述は「将来に関する記述」であり、重大なリスクや不確実性が生じる可能性があります。こうした記述はオラクルの現在の期待と実際の結果に影響を及ぼす可能性があり、実際の結果が大きく異なる可能性があります。これらの記述およびオラクルのビジネスに影響を及ぼすその他のリスクに関しては、Form 10-K での オラクルの最新のレポートならびに Form 10-Q の「Risk Factors」など、米証券取引委員会 (SEC) に提出されているオラクルの報告書に記載されます。これらの報告書は、SECのウェブサイトまたはオラクルのウェブサイトhttp://www.oracle.com/investorからご覧いただくことができます。本記事内の情報はすべて、2019年9月17日時点で最新であり、オラクルは新しい情報や将来の出来事を踏まえて記述を更新する義務を負いません。

* OracleとJavaは、Oracle Corporation 及びその子会社、関連会社の米国及びその他の国における登録商標です。文中の社名、商品名等は各社の商標または登録商標である場合があります。


【本件に関するお問い合わせ先】
日本オラクル株式会社 広報室 谷地田
Tel: 03-6834-4837 / Fax: 03-6834-6129/ E-mail: pr-room_jp@oracle.com
プレスルーム http://www.oracle.com/jp/corporate/press/



カテゴリー
サービス新サービス
製品新製品
業種
ITその他IT



注目ワード
ボーナス
お歳暮
エコプロダクツ
クリスマスケーキ
クリスマス
大掃除
師走
バーゲンセール
冬休み
忘年会