日本オラクル株式会社


オラクル、広告とマーケティングを融合する「CX Unity」を発表



「CX Unity」に統合された優れた新機能により、ブランドはデータを活用して既存および潜在顧客に有益な体験を創出、提供することが可能に

(本資料は米国2019年9月17日にオラクル・コーポレーションより発表されたプレスリリースの抄訳です)
Oracle OpenWorld, サンフランシスコ – 2019年9月18日

オラクルは本日、企業によるブランドの構築、保護、差別化に向けた体験の創出を支援する、エンタープライズ・クラスのカスタマー・データ・マネジメント・プラットフォーム(CDP)の最新アップデートを発表しました。今回の「Oracle CX Unity(https://www.oracle.com/applications/customer-experience/platform/cx-unity.html)」のアップデートでは、マーケティング・システムと広告システムからのカスタマー・データを統合し、ウェブサイト訪問やオンライン広告からカスタマー・サービスの電話対応、店頭での取引まで顧客との広範なやりとりにおいて、企業はパーソナライズされたコンテキストに基づく体験を提供することが可能となります。

「Oracle CX Unity」は、すべての顧客データを管理するための包括的なカスタマー・インテリジェンス・プラットフォームをB2BおよびB2Cブランドに提供します。オンライン、オフライン、サードパーティーの顧客データソースを集約し、事前に組み込まれた機械学習機能にかけることで既存のビジネス・プロセス内で最適な体験を提示します。これによりブランドは顧客に関する一元的でダイナミックな把握がリアルタイムで可能となり、そのカスタマー・インテリジェンスを活用して売上促進、満足度向上、顧客生涯価値の改善に向けた体験を提供することができます。

「Oracle CX Unity」は、アジア太平洋地域の8カ国で1,100万人以上に利用されている顧客ロイヤリティーおよび顧客発掘プラットフォーム「ShopBack」にも採用されており、顧客データの統合やパーソナライズされたサービスの提供に活用されています。

「Oracle CX Unity」はオラクルの「Data Management Platform (DMP)(https://www.oracle.com/marketingcloud/products/data-management-platform/)」や「ID Graph(https://www.oracle.com/marketingcloud/products/data-management-platform/id-graph.html)」といったソリューションと連携可能なため、ブランドはオンライン、オフライン、サードパーティーの顧客データソースなど従来のマーケティング・データや広告データを統合することが可能です。異なるアドテックやマーテックシステムからの既知または未知の洞察がミリ秒単位で提供され、B2CやB2Bブランドはパーソナライズされた即時の体験をいつでも、顧客や潜在顧客が選択するやり取りの方法に調整し、提供することができます。

オラクル、Oracle CX Cloud/Oracle Data Cloud」担当EVPのロブ・タルコフ(Rob Tarkoff)は次のように述べています。「異なるマーケティングや広告のシステムからの顧客データを統合することは、盲点をなくし、すべての顧客とのやり取りを意義あるものとする唯一の手段です。オラクルはこれらの2つの領域を集約できる独自の立場にあり、今日において最も信頼性が高く実績のある包括的なカスタマー・インテリジェンス機能をブランドに提供することが可能です。」

2018年10月(https://www.oracle.com/corporate/pressrelease/oow18-oracle-cx-unity-102218.html)に提供開始した「Oracle CX Unity」は、「Oracle Customer Experience (CX) Cloud」に予め統合されています。「Oracle CX Cloud」はITの複雑さの軽減、革新的な顧客体験の提供、予測可能で明確な業績の達成を可能にする統合された一連のアプリケーションです。

日本オラクル公式ソーシャルメディアチャネル
•Facebook http://www.facebook.com/OracleJP
•Twitter https://twitter.com/Oracle_Japan

オラクルについて
Oracle Cloudは、ERP、HCM、Customer Experience (CX)を網羅した広範なSaaSアプリケーションに加え、業界最高水準のデータベースを含む Platform as a Service (PaaS)、Infrastructure as a Service (IaaS) を米州、欧州、アジア地域にわたるデータセンターから提供しています。 オラクル(NYSE:ORCL)に関するより詳細な情報については、www.oracle.com をご覧ください。

Oracle OpenWorldについて
「Oracle OpenWorld」は、20年間にわたって開催されている業界で最も重要なビジネスおよびテクノロジー・カンファレンスです。数万人もの来場と、オンライン上では数百万人もの参加者を集め、イノベーションと成長にクラウドを活用する企業への貢献に重点を置き、業界トレンドやテクノロジーが実現するブレークスルーに対する深いインサイトを提供します。
世界の250社以上のパートナー企業およびお客様が数百におよぶデモ、実践ラボ、展示を行う「Oracle OpenWorld」は、クラウド・アプリケーションからインフラストラクチャに至る先進のクラウド・テクノロジーの展示の場となっています。登録方法、基調講演の視聴方法、セッション詳細などの情報は、http://www.oracle.com/openworldまたはhttp://www.oracle.com/newsroomをご参照ください。


将来の製品に関する免責条項
上記の事項は、弊社の一般的な製品の方向性に関する概要を説明するものです。また、情報提供を唯一の目的とするものであり、いかなる契約にも組み込むことはできません。上記の事項は、マテリアルやコード、機能を提供することをコミットメント(確約)するものではないため、購買決定を行う際の判断材料にしないで下さい。オラクル製品に関して記載されている機能の開発、リリース、時期および価格については、弊社の裁量により変更される可能性があります。

将来の見通しに関する記述
オラクルの将来の計画、期待、信念、意図に関する本記事内の記述は「将来に関する記述」であり、重大なリスクや不確実性が生じる可能性があります。こうした記述はオラクルの現在の期待と実際の結果に影響を及ぼす可能性があり、実際の結果が大きく異なる可能性があります。これらの記述およびオラクルのビジネスに影響を及ぼすその他のリスクに関しては、Form 10-K での オラクルの最新のレポートならびに Form 10-Q の「Risk Factors」など、米証券取引委員会 (SEC) に提出されているオラクルの報告書に記載されます。これらの報告書は、SECのウェブサイトまたはオラクルのウェブサイトhttp://www.oracle.com/investorからご覧いただくことができます。本記事内の情報はすべて、2019年9月17日時点で最新であり、オラクルは新しい情報や将来の出来事を踏まえて記述を更新する義務を負いません。

* OracleとJavaは、Oracle Corporation 及びその子会社、関連会社の米国及びその他の国における登録商標です。文中の社名、商品名等は各社の商標または登録商標である場合があります。


【本件に関するお問い合わせ先】
日本オラクル株式会社 広報室 谷地田
Tel: 03-6834-4837 / Fax: 03-6834-6129/ E-mail: pr-room_jp@oracle.com
プレスルーム http://www.oracle.com/jp/corporate/press/


カテゴリー
製品新製品
サービス新サービス
業種
ITその他IT



注目ワード
勤労感謝の日
中間決算
紅葉
お歳暮
エコプロダクツ
クリスマスケーキ
クリスマス
大掃除
バーゲンセール
冬休み