株式会社ミケネコ


株式会社ミケネコの「事業承継サポート」が経営革新計画に承認されました!



弊社代表によるワークショップ

弊社代表によるワークショップ

BtoB企業のマーケティングサポートを得意とするクリエイティブエージェンシーの株式会社ミケネコ(本社:東京都新宿区、代表取締役:新里尚平)の新規事業である「事業承継サポート」の事業計画が、2019年7月4日付けで経営革新計画として東京都より承認されました。


テーマ:事業承継サポート・ファシリテーションサービス
計画期間:2019年3月~2025年2月まで
*経営革新計画とは、中小企業が新たな事業活動に取り組むことにより経営の向上を図る計画のことです。中小企業等経営強化法に基づき、国や都道府県知事の認証が行われます
(計画書に記載されている商品・サービスや事業を認定するものではありません)


▼ミケネコが提供する「事業承継サポート・ファシリテーションサービス」について
世界に認められる日本のものづくりの根幹は中小企業が支えています。その中小企業は経営者の高年齢化や後継者不足の問題により、解散や休業に追い込まれる企業が少なくありません。
この状況を変えるために金融機関やコンサルティング会社、士業の方が主導するM&A市場が活況を呈しており、事業存続に対して財務や法務の面からのサポートを行っています。
一方で事業継承に伴う企業文化の変革は新・経営者にとって重要な課題です。しかし、多くの企業はその準備不足や従業員とのコミュニケーション不足によりスムーズに進めることが難しい場面が多く見られます。
そこでミケネコではマーケティングコミュニケーションに関わる課題解決をしてきた実績から、マーケティングのフレームワークを用いて、その企業にあったワークショップやコーチングを実施することで、自発的な問題解決に向けて経営者や社員一人ひとりが行動する仕組みを構築することを可能にしました。



▼「事業承継サポート・ファシリテーションサービス」について代表者インタビュー

―このような新規事業を計画した背景を教えてください。
ミケネコはモノづくりを中心としたBtoB企業と多くお仕事をさせていただきました。日本のモノづくりの技術力の高さ、製品のすばらしさを実感しています。そんな折、お付き合いのある企業様より社長交代によるコミュニケーション齟齬の問題のご相談をうけることがありました。素晴らしい技術のある会社が社内の問題、しかもコミュニケーションの齟齬といったことで、企業活動に支障が出るのは勿体ないと感じ、この事業に着手することにしました。

―ミケネコというクリエイティブエージェンシーがこのサービスを提供する理由はどこにあるのでしょうか。
私たちはコミュニケーションを組み立てるプロです。マーケティング活動はターゲットとどのようにコミュニケーションをとるかということを考えることですが、それが経営者対従業員という構図になっても考え方は同じです。また経営にマーケティングやクリエイティブ視点を入れる、という考え方は欧米でよく見られます。コンサルティング会社ではなくマーケティングのプロの目線でお手伝いをすることで、その企業に新しい考え方が生まれることも期待しています。

―この事業を提供することでミケネコが目指すことはどのようなことですか。
日本の中小企業が持っている技術力・企業文化を存続させたいということですが経営にマーケティング視点を加えることでその企業の新しい可能性が見つかるかもしれません。企業のさらなる発展に貢献したいと考えています。


【株式会社ミケネコについて】
https://www.mikeneco.co.jp
2015年3月設立 
BtoB企業のマーケティングやブランディングのサポートを得意とするクリエイティブエージェンシー。マーケティングブランディングの計画の段階から制作物のディレクションまで一貫して対応。
「吾輩はネコである」(http://www.waganeco.jp)でマーケティング情報などを定期的に更新中。


【本リリースに関するお問い合わせ先】
株式会社ミケネコ
TEL:03-6265-3010
e-mail:info@mikeneco.co.jp

関連URL:https://www.mikeneco.co.jp


  • 弊社代表によるワークショップ 弊社代表によるワークショップ
  • 0920リリース 0920リリース



注目ワード
運動会
ハロウィン
ピンクリボン
文化祭
中間決算
紅葉
ランドセル