岡山理科大学


岡山理科大学 「ランチタイム外国語講座」好評/学生、教職員がお昼休みに気軽に勉強! /講師は留学生や職員で、英語、中国語、韓国語を開講中



講師(左から2人目)の話を、ノートを取りながら聞く学生たち

講師(左から2人目)の話を、ノートを取りながら聞く学生たち

岡山理科大学(岡山市北区理大町)岡山キャンパスでは、昼休みを利用して気軽に外国語に親しむ「ランチタイム外国語講座」が定期的に開かれ、人気を集めています。現在、英語、中国語、韓国語の3カ国語で、講師は留学生や職員。主催する理大グローバル教育センターは「海外に関心を持ってもらうきっかけになれば。いろんな国からの留学生がいるのでもっと言語を増やしていきたい」と張り切っています。

▽「理大グローバル教育センター」についての詳細はこちら
https://www.ous.ac.jp/international/gedc/

会場はC1号館4階の同センターです。英語(毎週火・木曜)は2018年度に始まり、2019年4月から中国語(毎週月曜)、9月から韓国語(第1・3金曜)が加わりました。時間は12時半~13時です。講師は現在、英語が米国・州立ライト大学からのインターン学生、中国語は学生課留学生係の中国出身職員、韓国語はフィリピン・マプア大学からの韓国人留学生。両大学とも理大と教育交流提携しています。

講座の参加者は毎回数人から10人程度。教材は講師が作成し、1回ごとに完結している内容なので、途中からでも参加しやすくなっています。理大の学生か教職員であれば誰でも参加できます。同センターの担当者は「外国語はとにかく慣れること。『受講したおかげで抵抗感がなくなった』という感想も多く聞かれます。ここで言葉に慣れ、さらに現地に足を運んで、その国の文化に触れてもらえれば一番です」と話しています。


【岡山理科大学について】
http://www.ous.ac.jp/
1964年、西日本初の理学部単科大学として応用数学科、化学科の2学科で開学。 2018年には愛媛県今治市に第2キャンパスを設け、西日本の私学で初の獣医学部を開設。7学部21学科1コースとなりました。「好奇心全開、探究心無限大」をキャッチフレーズに多彩な研究に取り組んでいます。

【本リリースに関するお問い合わせ先】
岡山理科大学 入試広報部
TEL:086-256-8412(内線1226)

  • 講師(左から2人目)の話を、ノートを取りながら聞く学生たち 講師(左から2人目)の話を、ノートを取りながら聞く学生たち



注目ワード
中間決算
紅葉
お歳暮
エコプロダクツ
クリスマスケーキ
クリスマス
大掃除
バーゲンセール
冬休み
忘年会