【つくば市】クラウドシステムを利用した「業務の見える化」による働き方改革



株式会社リージットと共同研究を開始

 つくば市は、株式会社リージットとともに、クラウドシステムを利用した「業務の見える化」により、市職員の働き方を改革するため、共同研究を開始します。
 本研究は、「つくばイノベーションスイッチ」の一環として、リージットより提案を受けて実施するもので、業務の可視化によって業務プロセスの最適化を図ることで、時間外勤務が多い部署の業務負荷軽減が行えるかなど検証を行っていきます。

●研究課題
  クラウドシステムを用いた「業務の見える化」による働き方改革
●実施時期
  令和元年(2019年)12月~令和2年3月末
●研究概要
  クラウドシステム「Log+(ログタス)※」を導入して業務を見える化
●研究課題
  業務プロセスの最適化を行うためには、現状を把握し分析する必要があり、「業務の見える化」に費やす作業は作業量が多く、特に最適化すべき時間外勤務の多い部署において、さらなる負担が発生するという課題があります。
  本研究では、「Log+」を使うことで、過大な負担をかけることなく「業務の見える化」ができるのか、市民税課職員と小中学校教員の業務の中で検証します。
●成果の公表について
  令和2年4月以降に今回の研究成果を公表する予定です。
    
※詳細は別紙を参照してください。

関連URL:https://www.city.tsukuba.lg.jp/shisei/joho/1008026/1008430/1007934/1007438.html




このカテゴリーの関連ニュースリリース(技術・開発)


注目ワード
スキー
ひな祭り
ホワイトデー
卒業
東日本大震災