パナソニックグループ


土地・建物のサブリースによる独自の運営スキーム「インバウンド・リンクシステム」を採用したパナソニック ホームズ初の特区民泊『BON Condo Namba Nipponbashi』が竣工



『BON Condo Namba Nipponbashi』外観

『BON Condo Namba Nipponbashi』外観

パナソニック ホームズ株式会社(以下、パナソニック ホームズ)は、大阪市における「特区民泊(とっくみんぱく)」(国家戦略特別区域外国人滞在施設経営事業)(※1)に取り組み、このたび、大阪市中央区日本橋において、パナソニック ホームズとして第1号の施工請負実例となる特区民泊『BON Condo Namba Nipponbashi』(ボンコンド なんばにっぽんばし)が竣工し、2019年12月11日にオープンします。

大阪市の特区民泊制度を利用したこの特区民泊は、パナソニック ホームズグループがオーナー様から土地・建物を一括借り上げの上、宿泊事業者へ転貸する独自の事業スキーム「インバウンド・リンクシステム(R)」(※2)を採用し、安定経営を提案します。また、将来的には賃貸マンションへの転用を可能とする設計にしており、需要変動のリスクにも対応しています。

建物は、大阪メトロ「日本橋駅」および「近鉄日本橋駅」から徒歩約2分の場所に立地する全54室・地上10階建。約40平方メートルの広さを確保した客室は、キッチンやダブルベッド2台を備え、家族やグループで訪日するケースが多い外国人旅行者が最大で5名宿泊できる(※3)設えになっています。
また、全室にパナソニック製の家電製品を設置しているほか、パナソニックビューティ(美容)家電やスピーカー付きダウンライト等を備えた客室も6室用意。パナソニックが提供する宿泊施設として、宿泊利用者が、泊まる(stay)・使う(use)・感じる(feel)過程を通し“cool Japanの空間"を体感いただける提案を行っています。

※1 外国人旅客の滞在に適した施設を賃貸借契約及びこれに付随する契約に基づき一定期間以上使用させるとともに、当該施設の使用方法に関する外国語を用いた案内、その他の外国人旅客の滞在に必要な役務を提供する事業として政令で定める要件に該当する事業。
※2「インバウンド・リンクシステム(R)」はパナソニック ホームズの登録商標です。
※3 4名はダブルベッド(2台)を使用、1名はソファーベッドを使用します。

【お問い合わせ先】
パナソニック ホームズ株式会社 宣伝・広報部
TEL:06-6834-1955

全文は以下プレスリリースをご覧ください。
▼[プレスリリース] 土地・建物のサブリースによる独自の運営スキーム「インバウンド・リンクシステム」を採用したパナソニック ホームズ初の特区民泊『BON Condo Namba Nipponbashi』が竣工(2019年12月11日)
https://news.panasonic.com/jp/press/data/2019/12/jn191211-1/jn191211-1.html

<関連情報>
・『BON Condo Namba Nipponbashi』ホームページ
https://www.bon-lodging.com/
・パナソニック ホームズ 宿泊事業「Vieuno Stay(ビューノ ステイ)」
https://homes.panasonic.com/tasoukai/stay/

関連URL:https://news.panasonic.com/jp


  • 『BON Condo Namba Nipponbashi』外観 『BON Condo Namba Nipponbashi』外観
  • 『BON Condo Namba Nipponbashi』ホワイト系インテリア(2~6階客室) 『BON Condo Namba Nipponbashi』ホワイト系インテリア(2~6階客室)
  • 『BON Condo Namba Nipponbashi』ダーク系インテリア(7~9階客室) 『BON Condo Namba Nipponbashi』ダーク系インテリア(7~9階客室)
  • 『BON Condo Namba Nipponbashi』10階客室 『BON Condo Namba Nipponbashi』10階客室


このカテゴリーの関連ニュースリリース(サービス、製品)


注目ワード
エイプリルフール
入社
異動
花見
入学
新社会人
母の日