株式会社ジャパンタイムズ


総務省・農林水産省・経済産業省・環境省・全国知事会・全国市長会・全国町村会、後援決定
第2回Japan Times Satoyama推進コンソーシアム実践者交流会『SDGsを里山里海で考える』申し込み受付中!



 Japan Times Satoyama推進コンソーシアム(代表:末松弥奈子、株式会社ジャパンタイムズ・ 代表取締役会長)は三重県志摩市と共催し、2020年2月23日(日)、24日(月・祝)に『第2回Japan Times Satoyama推進コンソーシアム実践者交流会』を開催します。
 今回は2015年の国連サミットで採択された「持続可能な開発目標(SDGs)」に焦点を当て、『SDGsを里山里海で考える』をテーマに、藻谷浩介氏の基調講演や、鈴木英敬知事、津田祐樹氏がそれぞれモデレーターを務めるパネルディスカッション、また各地で地域全体の活性化に寄与する実践者の皆さんや高校生に里山里海の視点からその活動や成果を共有いただきます。
 2013年に出版された『里山資本主義』著:藻谷浩介・NHK広島取材班(角川新書)。自然由来の資源に、地域で暮らす人々の手で新たに交換可能な価値を与え、安心で将来性のある地域社会を作るという新しい資本主義のあり方です。出版から7年、今では各地域の実践者の手により自然環境の中の様々な未活用資源が活かされ、雇用を生み、地域全体の活性化に繋がる事例が増えています。その成果を実践者同士で収集し、共有し、発信することで、その活動を持続可能で価値の高いものにするべく2018年には神石高原町にてSatoyama実践者交流会を開催。本年は三重県志摩市で開催いたします。

【概要】
日 時: 2月23日(日)  13:30-18:00(予定)
     2月24日(月・祝) 9:00-11:30(予定)
会 場: HOTEL&RESORTS ISE-SHIMA(三重県志摩市磯部町的矢字笠取939-6) 
主 催: Japan Times Satoyama推進コンソーシアム、志摩市
協 力: 三重県
後 援: 総務省、農林水産省、経済産業省、環境省、全国知事会、全国市長会、全国町村会
申込み: https://satoyama-jissensha2.peatix.com
* 宿泊・懇親会はイベントチケット購入とは別に予約が必要となります

プログラム内容(予定)
<2月23日(日)1日目>
「第2回Satoyama実践者交流会」及び「懇親会」
 ◾︎ 開会(13:30)
 ◾︎ 開会挨拶 末松弥奈子(当コンソーシアム代表/ジャパンタイムズ代表取締役会長)
 ◾︎ 開会挨拶 竹内千尋市長(志摩市)
 ◾︎ パネルディスカッション(1)「里山里海×海洋保護」
   モデレーター: 津田祐樹氏(株式会社フィッシャーマン・ジャパン・マーケティング COO)
   パネリスト : 瀧口博明氏(国連大学サステイナビリティ高等研究所 プロジェクトディレクター)
           田中丈裕氏(NPO里海づくり研究会議 理事・事務局長)
           新井圭織氏(海女/三重県漁村女性アドバイザー)
 ◾︎ 来賓挨拶 
 ◾︎ パネルディスカッション(2)「里山里海×地産地消」
   モデレーター: 鈴木英敬知事(三重県)
   パネリスト : 樋口宏江氏(志摩観光ホテル 総料理長)
           浜田吉司氏(株式会社マスヤグループ本社 代表取締役社長)
           近藤百氏(愛農学園農業高等学校 教諭)
◾︎ 休憩
 ◾︎ 実践者の取組発表 「里海に生き、生かされる」(三重県)
   橋本純氏(有限会社友栄水産)
 ◾︎ 地元高校生による取組発表 「志摩市を元気に!」私たちチーム「ボニータ」の活動
   三重県立水産高等学校
 ◾︎ 高校生発表の講評および感想 竹内千尋市長(志摩市)
 ◾︎ 基調講演「持続可能な未来を里山里海から」 
   藻谷浩介氏(当コンソーシアム アドバイザー/日本総合研究所 調査部主席研究員)
 ◾︎ Japan Times Satoyamaフォトコンテストアワード2019受賞発表
 ◾︎ 閉会挨拶
 ◾︎ 閉会
 ◾︎ 懇親会(18:30~20:30)
 *プログラムは予告なく変更になる場合がございます。予めご了承ください
*実践者交流会のお申し込みは以下URLから
https://satoyama-jissensha2.peatix.com
  
<2月24日(月・祝)2日目>「志摩市スタディツアー」
 ◾︎ 集合(8:45) ※集合場所:HOTEL&RESORTS ISE-SHIMAのロビー
  ・有限会社佐藤養殖場
  ・横山展望台
  ・さとう製炭工房
 ◾︎ 解散(11:30) ※解散場所:近鉄志摩線「鵜方駅」

▼「宿泊」および「懇親会」の予約について
*宿泊・懇親会はイベントチケット購入とは別に予約が必要となります
詳細は以下URLを参照ください
https://satoyama-jissensha2.peatix.com

▼ 会場アクセス
▽ 電車でお越しの場合
 最寄り駅の近鉄志摩線「志摩磯部駅」の送迎車両乗り場よりホテルの送迎バスがあります
▽ 送迎バス
 【行き】志摩磯部駅の送迎車両乗り場 ⇒ Hotel & Resorts ISE-SHIMA
(1) 2/23(日)11:20発 (2) 2/23(日)12:40発
 【帰り】Hotel & Resorts ISE-SHIMAホテル玄関前 ⇒ 志摩磯部駅
(1) 2/23(日)18:15発(実践者交流会終了後)
(2) 2/23(日)20:45発(懇親会終了後)
▽ お車でお越しの場合
 「HOTEL&RESORTS ISE-SHIMA」の駐車場に駐車してください

Japan Times Satoyama推進コンソーシアムについて
【活動指針】
1. 里山資本主義の実践者を支え、つなぎ、増やしていき、その活動を持続可能なものにしていくこと。
2. 里山資本主義が、マネー資本主義のオルタナティブな選択肢として機能するようにすること。
3. 里山資本主義への支援や関与が、企業や自治体等の国内外での価値を高める環境をつくること。
【公式URL】https://satoyama-satoumi.net

※里山資本主義とは、日本古来・自然由来のものに新たに交換可能な付加価値を与えて、地域内で循環させる仕組みです。海・山・川などの自然、地域における人間関係など、お金では買えない資産を大切にし、テクノロジーの活用やUターン・Iターン人材による新規事業の立ち上げ、女性の活躍など、それぞれの地域で独自の取り組みが広がっています。

【本件に関する問い合わせ先】
株式会社ジャパンタイムズ
<プレス関係の問い合わせ>      
経営推進部(佐々木・熊野)
E-mail: pr@japantimes.co.jp
TEL:050-3646-0123(代)

<イベントに関しての問い合わせ>
Japan Times Satoyama 推進コンソーシアム事務局
E-mail: satoyama@japantimes.co.jp
TEL: 050-3646-9001
URL:https://satoyama-satoumi.net

関連URL:https://satoyama-satoumi.net/


  • The Japan Times Satoyama Consortium The Japan Times Satoyama Consortium
  • 第2回Japan Times Satoyama推進コンソーシアム実践者交流会 『SDGsを里山里海で考える』申し込み受付中! ニュースリリース 第2回Japan Times Satoyama推進コンソーシアム実践者交流会 『SDGsを里山里海で考える』申し込み受付中! ニュースリリース


このカテゴリーの関連ニュースリリース(告知・募集)


注目ワード
スキー
ひな祭り
ホワイトデー
卒業
東日本大震災