常石集団(舟山)造船有限公司


常石集団(舟山)造船有限公司がアジア最大級の国際海事展 「MARINTEC CHINA 2019」に出展



巨大ディスプレイを採用した展示ブース

巨大ディスプレイを採用した展示ブース

 常石集団(舟山)造船有限公司(所在地:中国浙江省舟山市岱山県秀山郷箬跳村、総経理:佐藤二郎、以下TZS)は、2019年12月3日(火)から6日(金)の4日間、上海の上海新国際博覧中心(Shanghai New International Expo Center)で開催された国際海事展「MARINTEC CHINA 2019」に出展しました。2015年、2017年に続いてブースを出展し、安定的に成長を遂げたこれまでの実績や、飛躍的な速度で建造能力を高めてきた自社の強みをアピールしました。

 TZSのブースでは、これまで培ってきた技術力や高い建造品質を“匠心至臻 常石品质”と表現し、常石の考える最高クオリティで船舶を提供する思想を多くの来場者へ届けるとともに、多様化する市場ニーズに応えるため開発した2,806TEU型コンテナ運搬船やLR I(Large Range I)型プロダクトタンカーをはじめ、長く愛されている8万2,000重量トン型ばら積み貨物船“KAMSARMAX(カムサマックス)”のバージョンアップを発表しました。

 常石集団(舟山)造船有限公司では、中国人リーダーやスタッフが最前線で活躍し、日本の匠の技術を継承した質の高い船づくりを実現しています。


■常石集団(舟山)造船 会社紹介映像
https://youtu.be/J7ySSs6GEKU

■常石集団(舟山)造船有限公司
中国浙江省に位置する常石造船株式会社(本社:広島県福山市)の中国のグループ会社。3万トン級から10万トン級のばら積み貨物船を中心に、年間30隻程度の建造能力を持ち、ばら積み貨物船のほか、フィーダーコンテナ船やプロダクトタンカーなどを建造。
URL:https://www.tsuneishi-zs.com/ 
事業内容:船舶の建造
設立:2003年12月
従業員:582人(2019年3月時点)
所在地:中国浙江省舟山市岱山県秀山郷箬跳村
敷地面積:約130万平方メートル
主要設備:船台2基、建造ドック1基、700トン門型クレーン2基、3,000トン級海上クレーン1基など
建造実績船型:ばら積み貨物船、フィーダーコンテナ船、プロダクトタンカー、タグボートなど

- 本件に関するお問い合わせ先 -
ツネイシホールディングス株式会社
マーケティングコミュニケーション部
pr@tsuneishi.com 
TEL:084-987-4915

関連URL:https://youtu.be/J7ySSs6GEKU


  • 巨大ディスプレイを採用した展示ブース 巨大ディスプレイを採用した展示ブース
  • 新船型のモデルシップなどで訴求 新船型のモデルシップなどで訴求
  • 社員によるプレゼンテーションを行った 社員によるプレゼンテーションを行った
  • 新たな会社紹介動画の放映に、多くの人が足を止めて注目していた 新たな会社紹介動画の放映に、多くの人が足を止めて注目していた



注目ワード
スキー
ひな祭り
ホワイトデー
東日本大震災