オプテックス・エフエー株式会社


「作業服 脱げぬ老後の 二千万」
『第六回 現場川柳』の大賞が決定!



 産業用センサメーカーのオプテックス・エフエー株式会社(本社:京都市下京区、代表取締役社長:中島 達也)は、2019年の10月から12月にかけて募集した『第六回 現場川柳』の受賞作品を決定しました。
 「現場川柳」とは、当社が定め日本記念日協会の認定を受けた「センサ(10月3日)の日」を記念し、ものづくりに関わる製造・開発設計・物流・営業などの“現場”にまつわる川柳を募集する企画です。
 第6回は、製造現場における高齢化や人手不足を詠った技術者目線の作品が多いなか、昨年話題となった老後二千万円問題への嘆きを現場流にうまく表現した「作業服 脱げぬ老後の 二千万」が大賞を受賞しました。
 また優秀賞には、技術者の共感を呼ぶ「難しい 顔して受ける それも技」や、昨年問題になった芸能界における闇営業と働き方改革をうまく絡めた「ノー残業 電気消されて 闇営業」などが選ばれました。
 今回は応募総数9,946作品の中から、特別選考委員で元エンジニア漫画家の見ル野 栄司(みるの えいじ)氏と社内選考委員により、厳正なる選考を行いました。大賞の他に、見ル野賞(1作品)、優秀賞(3作品)、入賞(10作品)を選出しています。なお、今年も10月3日より『第七回 現場川柳』の作品募集を実施予定です。

■「現場川柳」ホームページ(全入賞作品の漫画を見ることができます)
https://www.optex-fa.jp/senryu/

■特別選考委員 見ル野 栄司(みるの えいじ)氏 プロフィール
漫画家。日本工学院専門学校メカトロニクス科卒業。半導体製造装置などの設計開発の会社に10年勤務した後に、漫画家としてデビュー。ベストセラーの著作に、理工系ものづくりの人々の姿を描いたコミックエッセイ「シブすぎ技術に男泣き!」(中経出版)など。
現在、週刊プレイボーイにて「秘密組織プレイメーソン」、月刊インターフェースにて「僕たちラズパイ団」、漫画オンウェブにて「1 勝22 敗1分け」、ファブクロスにて「ミルノラボ」など好評連載中。有料メルマガ「シブすぎ技術秘話」を毎週配信中。

■会社概要
オプテックス・エフエー株式会社
商号   :オプテックス・エフエー株式会社
所在地  :京都市下京区中堂寺粟田町91京都リサーチパーク9号館
設立   :2002年1月7日
代表取締役:中島 達也
資本金  :385,000千円(2018年12月31日)
事業内容 :ファクトリー・オートメーション用光電センサ関連機器、装置の企画開発・製造・販売等
売上高  :85億6千万円(連結)(2018年12月期)
従業員数 :221名(連結)(2018年12月31日現在)

【本件に関するお問合せ先】
オプテックス・エフエー株式会社
販売促進室 大毛 沙紀(E-mail: fa@optex-fa.com)
〒600-8815 京都市下京区中堂寺粟田町91京都リサーチパーク9号館
TEL: 075-325-2922 FAX: 075-325-2921
URL: https://www.optex-fa.jp

関連URL:https://www.optex-fa.jp/senryu/




注目ワード
入社
異動
花見
入学
新社会人
母の日