日本テクノ株式会社


[econews.jp更新情報]
料理を通じて訴求 海のサステナビリティに関心を
「地球の仲間を守る“生物多様性レポート”」



電気に関する総合サービスを提供する日本テクノ株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:馬本英一)は、エコニュースウェブマガジンで「地球の仲間を守る“生物多様性レポート”」を本日更新しましたのでお知らせします。

■エコニュースウェブマガジン -2020.2.4更新-
「地球の仲間を守る“生物多様性レポート”」の第7回。今回は一般社団法人Chefs for the Blueにスポットライトをあてました。
「2016年に漁業の現状に接する機会があり、日本の漁業の危機的状況を知って衝撃を受けました」と語るのは、同団体を立ち上げたフードライターの佐々木さん。佐々木さんは、付き合いのあるシェフ30人に声をかけ、料理を通じて啓発活動を行うことにしました。現状を打破するには、まず消費者が海の危機的状況を知り意識を変える必要があるとしています。「皆さんには水産に関するニュースに目を向けてほしいです。消費者の意識に応じて、おのずと小売り・流通・生産の意識は変わります。その結果、水産資源は回復すると信じて活動を続けます」とも語っています。
https://econews.jp/newspaper/conservation/index.html

■生物多様性レポートとは
生物多様性を維持していくために私たちに何ができるのか、その可能性を探るコーナーです。絶滅危惧種の動植物が注目を集めていますが、地球の歴史を振り返ると過去にも自然現象などの影響により大量絶滅が起きています。現在は第6の大量絶滅期と呼ばれていますが、主な要因は人間による影響で、地球上の種の絶滅スピードは自然状態の約100~1,000倍にも達し、多くの生き物たちが危機に瀕しています。そのような状況のなか生物多様性に立ち向かい、奮闘する人々の姿を追っています。

■エコニュースウェブマガジンの概要
当社が発信する「Eco News Web Magazine(エコニュースウェブマガジン)」は、環境・省エネコンテンツをラインナップした総合インデックスサイトで、毎週火曜日にコンテンツを順次更新しています。
https://econews.jp/

本サイトは、春夏秋冬の年4回、約30万部発行される環境市場新聞の掲載情報にくわえ、当社の顧客が取り組んだ省エネ成功事例など、電気や環境に関するさまざまな情報を掲載しています。また、サイト内の環境市場新聞の紹介記事は、本紙に載りきらなかった写真や「こぼれ話」も公開しています。さらに環境市場新聞の紙面を電子書籍形式で読める「環境市場新聞PLUS+」コーナーもあります。

【日本テクノ株式会社】
本社所在地:東京都新宿区西新宿1-25-1 新宿センタービル53階
TEL:03-3349-1111(代表)
設立:1995年4月4日
代表者:代表取締役社長 馬本 英一
総契約数:約58,000件(2020年1月1日現在)
従業員数:1,142名(2020年1月1日現在)
事業内容:電力小売事業、高圧電気設備保安管理・点検業務、キュービクル常時監視システム販売および電力コンサルティング、電気料金自動検針事業
URL:https://www.n-techno.co.jp

【本件に関するお問い合わせ先】
日本テクノ株式会社 広報室 後藤・櫻田・坂中
TEL:03-5909-5128
E-mail:info@n-techno.co.jp



注目ワード
入社
異動
花見
入学
新社会人
母の日