パナソニックグループ


食のコミュニティサービス「EATPICK」を開設



EATPICKトップ画面

EATPICKトップ画面

パナソニック株式会社(以下、パナソニック)は、食に関する新たな発見や楽しみを共創するWebコミュニティサービス「EATPICK」を2020年5月12日から開設します。

食は人々のくらしに欠かせないものですが、嗜好や価値観は十人十色です。さらに、選択肢の広がりや健康・安全意識の高まりなど多様化が進み、食べる、つくる、買う、知るなど食にまつわる多くの情報があふれています。そこで「EATPICK」では、調理に限定されない幅広い食(EAT)の情報を一人ひとりが自由に拾い出し(PICK)、さらに、その情報を多くの人と共有して楽しむことができるコミュニティの場を提供します。

パナソニックはこれまでも、プラットフォームアプリ「キッチンポケット」を介してお客様とレシピ、キッチン家電とをつなぎ、最適メニューの提案や調理サポート、必要な食材の注文・配送など、食のくらしを支援するサービスを提供してきました。「EATPICK」では、一人ひとりにちょうどいい食が見つかるという価値を届けます。自らの食体験を見つめ直すことで新たな発見が生まれたり、一人ひとりの食の関心事がつながることでコミュニティの輪が広がる、さまざまな食に共感する人が集う「食のテーマパーク」のような場を、お客様とともに育てていきます。

パナソニックは、お客様一人ひとりのより充実した豊かなくらし実現を目指して、ライフスタイルに合わせた食生活の支援、食の共感でつながるコミュニティサービスなど、食の「くらしアップデートサービス」を拡充していきます。
食のコミュニティサービス「EATPICK」
https://www.eatpick.com
※本サービスは無料で利用いただけますが、会員登録が必要です。

<本サービスの主な特長>
1. 自分だけの「食」の情報が集まる「マイルーム」
新着情報やお気に入りのレシピなどを「食のタイムライン」として一覧で表示。あふれがちな食まわりの情報から、自分の関心や好みにあった情報だけをまとめる手伝いをします。日々の食事を記録に残せる食のパーソナルカレンダー「何食べたっけ?」は食生活を見直すきっかけになるほか、今まで気づかなかった自分が見つかります。

2. みんなで盛り上がる「コミュニティ」
「おいしい」「便利」「めずらしい」など、さまざまな視点で食を取り上げます。新たなコミュニティの立ち上げリクエストも可能です。

3. 忙しい方への食生活提案「EATPICK ナビ」
平日に短時間で調理するための下準備と食材の美味しさを損なわない保存方法、休日にまとめて1時間で下準備するための効率的な段取りなどを提供。子育て応援、一人暮らし簡単晩御飯、ダイエットメニューといったコースを準備し、日常の食生活の課題や悩み解決をサポートします。

4.「EATPICK marche」
コミュニティで話題になった「おいしい」「便利」「楽しい」を、実際に購入できます。出店者のこだわりや、そこに込められた想い、ストーリーなども合わせて紹介します。

全文は以下プレスリリースをご覧ください。
▼[プレスリリース] 食のコミュニティサービス「EATPICK」を開設(2020年5月12日)
https://news.panasonic.com/jp/press/data/2020/05/jn200512-2/jn200512-2.html

<関連情報>
・食のコミュニティサービス「EATPICK」
https://www.eatpick.com/

関連URL:https://news.panasonic.com/jp


  • EATPICKトップ画面 EATPICKトップ画面
  • EATPICKロゴ EATPICKロゴ



注目ワード
運動会
衣替え
父の日
キャンドルナイト
株主総会