株式会社インプレスホールディングス


〜RSS/Atom Feedによる最新ネットビジネスの実践事例を紹介〜
第6回 フィードビジネス・サミット『CGM時代のネットマーケティング』 を開催!



インプレスグループで法人向け情報コミュニケーション技術関連メディア事業を手掛ける株式会社インプレスR&D(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:井芹昌信)と、RSS/Atomフィードのビジネス活用を促進し、市場活性化を目的とするフィード・ビジネス・シンジケーション(以下FBS、事務局:フィードパス株式会社)は共同企画として、2007年4月11日(水)に第6回フィードビジネス・サミットを開催いたします。

2005年7月4日に発足し、同年8月5日に第1回フィードビジネス・カンファレンスを開催したFBSの活動は、Web2.0という新しい変革の波を捉えつつ、新たな局面を迎えようとしています。
第6回目の開催となる今回は、名称をフィードビジネス・サミットと改め、RSS/Atom Feedを活用したニュース配信や、企業情報の配信、ビジネスマン向けの関連サービス、広告の配信事業、「Web2.0」という背景の下でのネットマーケティングの向上や、普及・ビジネス活用事例などを議論いたします。

具体的なビジネスチャンスへとつながる多くのヒントを得られる様々なセッションを予定しておりますので、この機会にぜひご参加ください。


◆第6回フィードビジネス・サミット『CGM時代のネットマーケティング』の詳細◆

<実施概要>
名 称:
 第6回フィードビジネス・サミット『CGM時代のネットマーケティング』
 詳細、お申し込みはこちら → http://direct.ips.co.jp/fbs6/
主 催:
 株式会社インプレスR&D、Feed Business Syndication
日 時:
 2007年4月11日(水) 10:00〜18:00 (9:30受付開始)
場 所:
 ベルサール九段 3F イベントホール
 東京都千代田区九段北1-8-10 住友不動産九段ビル
 http://direct.ips.co.jp/kudan/
参加費:
 5,250円(税込)ランチボックス付き
定 員:
 250名(先着)


<イベント内容>
◆基調講演1
 『メディアイノベーションとマーケティング』
  講師:前刀禎明

◆基調講演2
 『日本にedge feeder/aggregatorは出現するか』
  講師:株式会社サンブリッジ I-クリエイティブディレクター 小川 浩

◆基調講演3
 『Web 2.0時代のWindows Live で実現するUser in Control 』
 〜オンライン検索から始まる新しいユーザ主導型サービスの紹介〜
  講師:マイクロソフト株式会社 オンラインサービス事業部 
       プロダクトマネージメントグループ シニアディレクター 浅川秀治

◆ソリューションプレゼンテーション
 『フィードデータベースへ進化するWeb』
  フィードパス株式会社 取締役兼CTO 後藤康成
 『クチコミは"集める"から"流通させる"時代へ』
  株式会社WEB2.0 取締役 佐藤匡彦
 『集客力のあるRSS展開を』
  レッドクルーズ株式会社 代表取締役 増田 勇

◆Techパネルディスカッション『Feed再考』
 【モデレータ】
  サン・マイクロシステムズ株式会社 マーケティング統括本部
    システムズ・マーケティング・グループ グループリーダ/専任部長 藤井彰人
 【パネラー】
  有限会社グルコース 大向一輝、サイボウズ・ラボ 奥 一穂

◆ソリューションプレゼンテーション
 『RSS広告社の新サービス「FeedMetrix」発表』
  株式会社RSS広告社 代表取締役 田中 弦
 『インフルエンサーを探せ!』
  株式会社フィードフォース 代表取締役 塚田耕司
 『Web 2.0とメディアとフィードとFTP 〜メディアの入り口と出口の“微妙な”変化』
  株式会社インプレスR&D Web担当者Forum編集長 安田英久

◆Bizパネルディスカッション
 『BlogまたはFeedが加速させるインターネットトラフィックのDe-portalization』
 【モデレータ】
  シックス・アパート株式会社代表取締役 関 信浩
 【パネラー】
  GMOアドネットワークス株式会社 取締役 村井説人
  株式会社テクノラティジャパン マーケティングマネージャー 山崎富美
  株式会社TAGGY 代表取締役社長 石上 裕

◆特別講演
 『RSS(フィード)のメディアとしての可能性』
  編集工学研究所 所長 松岡正剛

※ 敬称略。文中の社名、商品名は、各社の商標または登録商標です。
※ 講師、講演内容等、都合により変更となる場合がございます。予めご了承ください。
※ プレス関係社様 取材参加の場合には、FBS事務局までご連絡ください。

________________________________________

■お申し込みに関するお問い合わせ
株式会社インプレスR&D マーケティング局
TEL:03-5275-9040 FAX:03-5213-6297
E-mail:direct-sales@impress.co.jp http://www.impress.jp/

■イベント全般に関するお問い合わせ
FBS事務局
E-mail:inquiry@feedsphere.com http://www.feedsphere.com
________________________________________

【株式会社インプレスR&D】 http://www.impressRD.jp/

インプレスR&Dは、Webビジネス関係者、ワイヤレスブロードバンド技術者、放送・通信融合およびデジタル家電関係者、IPv6関係者、ICTを活用するビジネスマンなど、インターネットテクノロジーを核としたあらゆる分野の革新をいち早くキャッチし、これからの産業・社会の発展を作り出す人々に向けて、クロスメディア事業を展開しています。

【インプレスグループ】 http://impress.jp/

株式会社インプレスホールディングス(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:塚本慶一郎、証券コード:東証1部9479)を持株会社とするメディアグループ。「IT」「音楽」「デザイン」「医療」「山岳・自然」を主要テーマに専門性の高いコンテンツ+サービスを提供するメディア事業を展開しています。

【Feed Business Syndication(FBS)】 http://www.feedsphere.com/

"http://www.feedsphere.com"を通じてRSS/Atomフィードを用いたビジネスモデルや、新しいテクノロジーの開発/研究、 様々な活用方法のノウハウに加え、国内外で見られる企業などでの事例紹介など、様々な情報公開を通じてRSS/Atomフィードのビジネス活用を推進する企業集団です。
(参加メンバー:株式会社RSS広告社、株式会社インプレスR&D、株式会社WEB2.0、有限会社グルコース、サイボウズ株式会社、株式会社サンブリッジ、サン・マイクロシステムズ株式会社、シックス・アパート株式会社、GMOアドネットワークス株式会社、株式会社テクノラティジャパン、フィードパス株式会社、株式会社フィードフォース、レッドクルーズ株式会社、賛助会員)

________________________________________

【本件に関するお問い合せ先】

株式会社インプレスR&D トータルプロデュース室 担当:村田
〒102-0075 東京都千代田区三番町20番地 TEL:03-5275-1087 FAX:03-5275-9018
電子メール:im-info@impress.co.jp、URL:http://www.impressRD.jp/

株式会社インプレスホールディングス 社長室 広報担当
Tel: 03-5275-9010 / E-mail: release@impressholdings.com
URL:http://www.impressholdings.com/

関連URL:http://impress.jp/

※この記事は配信日から1年以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。


カテゴリー
告知・募集
業種
サービス業



注目ワード
株主総会
ボーナス
梅雨