日本ティブコソフトウェア株式会社


SLジャパンと日本ティブコソフトウェア、EAIツール新製品「Enterprise RTView for TIBCO日本語版」を発表



ビジネス・アクティビティ・モニタリング(BAM)をプログラミングしないでリアルタイムなグラフィックス画面に表示可能にする、新しいEAIソリューション

2002年11月22日、Tokyo発 —
リアルタイム・データ表示のダイナミック・グラフィックス・ソフトウェアで業界をリードする株式会社SLジャパン(SLジャパン)は、日本ティブコソフトウェア株式会社(日本ティブコ)の製品をサポートするSL-GMS Enterprise RTView日本語版新製品のデビューを発表しました。RTViewは、ミッション・クリティカルな企業データのグラフィック「ダッシュボード」(注)表示画面をドラッグ&ドロップで構成して、企業データや情報を視覚的にかつリアルタイムに監視することによって、迅速で適切なビジネスまたはオペレーションの意思決定を可能にする、EAIへの新しいソリューションです。EAIで業界をリードする日本ティブコのTIBCO ActiveEnterprise™ ユーザは、RTViewによって、コスト高となるプログラミング作業を要することなく、企業データをインスタントにリアルタイムなカスタムGUIで視覚化することが可能になります。RTViewは、SL社が長年培ってきた描画技術とコード生成技術により、他に類を見ないコンパクトで高速なJava グラフィックスを実現しています。
(注) 飛行機や自動車の操縦決定に必要なメータやゲージなどのパネルにたとえた、ビジネスやオペレーションにおける意思決定に必要なコンピュータ・ダッシュボード。

Enterprise RTViewは、今EAI(企業内アプリケーション統合)およびBPM(ビジネス・プロセス管理)の最も新しいコンセプトとして注目されているビジネス・アクティビティ・モニタリング(BAM)、そしてインフラストラクチャならびにアプリケーション・モニタリングにおけるクリティカルなビジネス・オペレーションのデータをビジュアル化するカスタム「ダッシュボード」を迅速に作成できる、斬新なグラフィック・アプリケーションです。

Enterprise RTViewのディスプレイ・ビルダでは、メータ、ゲージ、グラフ、スケール、ダイナミック・テキスト・フィールドなどの動的画面オブジェクトをポイント&クリックで選択できるパレットによって、カスタム・ダッシュボードを作成することができます。これらのダッシュボードは、容易にカスタマイズされたミッション・クリティカルな情報をリアルタイムに受信して監視することを可能にすると同時に、カスタム作業のコストを削減します。TIBCOユーザは、任意のイベント実行可能なアプリケーションを抽出し、Javaアプレット、スタンドアロンJavaアプリケーション、またはTIBCO ActivePortal™ フレームワーク内におけるアプレットで、データを端麗にプレゼンテーションすることができます。

RTViewによって、幅広いエンドユーザが必要としている多種多様のリアルタイム企業データの独自表示を提供するダッシュボードを作成できます。たとえば営業部門におけるビジネス・アクティビティ・モニタリング(BAM)では、全世界における営業活動や在庫状況のリアルタイムな詳細情報を示すダッシュボードやトレンド画面を構築できます。また、分散企業システム保守を担当するシステム・エンジニアリング部門では、CRMソフトウェアの実行速度が低下している理由や、その影響を即座に受ける人間などを特定する、アプリケーション・モニタリングのダッシュボードを作成できます。また、システム管理部門では、インフラストラクチャ・モニタリングの画面を作成し、ネットワーク・トラフィック、ネットワーク上のCPUや格納スペースの現在の使用状況などを表示できます。

「ドラッグ&ドロップによるカスタム・グラフィック・データによって、お客様は、高い対価を支払うことなく、リアルタイムでミッション・クリティカルな企業情報へより容易にアクセスできるようになる」と、日本ティブコの代表取締役社長である田口雄司は語っています。「瞬時にTIBCO ActivalPortalを使って統合できるRTViewは、ユーザが開発の手間をかけることなくダッシュボードを生成することを可能にする。EAIによる企業データの可視化が、TIBCOパートナーおよびユーザのEAIにさらなる価値をもたらす」と、加えました。
「これまで、企業データへの瞬時かつ視覚的なアクセスを必要としたユーザにとっての唯一のソリューションは、固有のシステムを開発することだけであった。この作業は集中的な時間とリソースを要するものであり、また多くの場合、満足できる結果が得られなかった」と、SLジャパンの代表取締役社長である羽島良重は語りました。「データがこれまでになく複雑化している時代を迎えている中で、Enterprise RTViewは、さまざまな情報源からクリティカルなデータを対話的にビジュアル化するという点で、TIBCOユーザに先例のない機能を提供することになる」と、加えました。

Enterprise RTView はSL-GMS J/Developer™ を使って拡張することができ、動的に表示するオブジェクトをデザインまたは改造したり、さらにネットワーク管理などの広範囲のインタフェース・アプリケーションを開発したり、Enterprise RTView機能を他Javaアプリケーションに組み込むことも可能です。そして、TIBCOインテグレータおよび開発パートナーは、 SL-GMS J/Developerを使って、Enterprise RTViewを簡単にカスタマイズして再販することも可能です。

SL-GMS Enterprise RTViewについて
Enterprise RTViewは、CalTrans (カリフォルニア運輸局)、Honeywell、NASAなどの数千におよぶ企業によって現在利用されているSL-GMS リアルタイム・データ表示技術をベースにした、グラフィック・アプリケーションです。Enterprise RTViewの動的グラフィック表示技術は、さらに直感的で効果的なデータ・インタラクションを提供しています。Enterprise RTViewは、SL-GMSのJava Thinクライアント技術をベースにしており、大変コンパクトで高速なJavaアプレット(500Kバイト以下)を走らせるだけで、ミッション・クリティカルなグラフィック・データをブラウザで見られるもので、サーバ側でさらにソフトウェアを追加する必要はありません。よって、ファイアウォールを越えた企業情報の容易で極めて高性能な配信が、開発コストをかけることなく可能です。 Enterprise RTView for TIBCO製品の他に、XML版とSQL版の製品もあります。

SL社は、Enterprise RTViewを開発するにあたっては、同社が18年以上に渡って開発してきたグラフィック・インタフェースを基盤技術として使用しており、これはNASAスペース・シャトル打ち上げセンター、ネットワーク・オペレーション・センター (NOC) 、原子力発電所、交通管制センターなどで使用されている同じ技術です。

販売、出荷について
Enterprise RTView for TIBCO日本語版は、12月2日より販売・出荷開始いたします。最小構成のエントリ価格は、約140万円からです。国内における販売元はSLジャパンとなり、日本ティブコはTIBCOユーザならびにプロスペクトへの販売促進で協力していきます。また、今後SLジャパンは販売代理店や付加価値再販会社を開拓していく予定です。

TIBCO Software Inc.について http://www.tibco.com/jp info-jp@tibco.com 電話03-5835-3537
TIBCO Software Inc. (NASDAQ: TIBX) は、リアルタイムにビジネス・システムを透過的に統合するインフラストラクチャ・ソフトウェアを提供している、総合的なビジネス・インテグレーション・ソリューション・プロバイダのリーダーです。
TIBCO社の技術は、ウォール街のデジタル化において採用され、その後、金融サービス、通信、電子商取引、輸送、物流、製造、エネルギーなどの幅広い業種において採用されています。TIBCO社のグローバルな顧客ベースは、Intel、NEC、Dynegy、BP、eBay、US Bank、The Limited、 Delta Air Lines、Philips、AT&T、Pirelli、Yahoo!、Cisco Systemsなどの 1,800社にもおよびます。本社はカリフォルニア州のPalo Alto市にあります。
日本ティブコソフトウェア株式会社は、2000年4月に設立されたその日本法人です。(所在地: 東京都千代田区岩本町 2-3-3 友泉岩本町ビル3階)

SL Corporationについて http://www.sl-j.co.jp info@sl-j.co.jp 電話03-3423-6051
1983 年に設立された米国 SL Corporation (Sherrill-Lubinski Corporation) は、リアルタイム監視制御システムのグラフィカル・ユーザ・インタフェースを開発するためのソフトウェア製品「SL-GMS(SL社開発グラフィカル・モデリング・システム)ラインアップ」を提供してきました。SL-GMSラインアップ製品は、プロセス制御、テレコム/ネットワーク管理、交通管制、宇宙・防衛などの分野における世界のミッション・クリティカルな監視制御システムで、45, 000以上(2001年末現在)がライセンスされています。ユーザ例は、ABB、Agilent Technologies、CalTrans (カリフォルニア運輸局)、Hewlett-Packard、Honeywell、Foxboro、NASA、NTT DoCoMo、Toshibaなどで、お客様とのコラボレーションによって、SL-GMS製品ラインアップ・ソリューション技術は、常に業界をリードし続けています。そして今回のRTView新製品により、高性能で容易にカスタマイズできるダイナミック・グラフィックスの専門技術が、これまでの監視制御システムからエンタープライズへと展開されています。先にRTViewをリリースした米国においては、すでにNASDAQ、Lehman Brothers、Standard&Poorsなどで導入されています。
株式会社SLジャパンは、1998年6月に設立されたその日本法人です。(所在地: 東京都港区南青山 3-1-30 エイベックス ビル3階)

<登録商標>
TIBCO、TIBCOロゴ、TIBCO ActiveEnterprise、TIBCO ActivePortalは、米国 TIBCO Software Inc.の、米国およびその他の諸国における、登録商標または商標です。本文書内で使用されたその他のすべての製品、会社名、商標は、各所有企業に帰属します。


<本ニュースリリースに関するお問い合わせは、下記までお願いいたします>
お問合せ先:
株式会社SLジャパン
代表取締役社長 羽島 良重
電話: 03-3423-6051
E-Mail: hashima@sl-j.co.jp  

日本ティブコソフトウェア株式会社
マーケティング部 田尻 美和子 
電話:03-5835-3537 FAX:03-5835-3522
E-Mail: mtajiri@tibco.com
ホームページ:http://www.tibco.com/jp/

関連URL:http://www.tibco.com/jp/

※この記事は配信日から1年以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。


カテゴリー
製品
業種
サービス業


このカテゴリーの関連ニュースリリース(製品)


注目ワード
お歳暮
エコプロダクツ
クリスマスケーキ
クリスマス
大掃除
師走
バーゲンセール
冬休み
忘年会
年賀状