ニュージーランド観光局


オークランドから1時間、緑と鳥の島、ティリティリマタンギ島へ



オークランド中心部の港からフェリーで約1時間という距離に、ニュージーランドの希少種が数多く保護される野鳥の楽園、ティリティリマタンギ島があります。少し変わったこの島の名前は、先住民マオリの人々の言葉で、ティリティリ=クマラ(サツマイモの仲間)が植わっている場所を指し示す小枝、マタンギ=温かい北東のそよ風、という意味があります。

ハウラキ湾に数多く浮かぶ島のなかでも、ティリティリマタンギ島は、Department of Conservation=DOC(自然保護省)によって手厚く保護されている鳥の楽園です。一歩船を下りて桟橋をわたって、まず耳に入るのはさまざまな鳥のざわめき。とくに美しい声でなく深緑の鳥、ベルバードの声を聞いていると、南太平洋の無人島にやってきたかのような錯覚を覚えます。島にはいくつものウオーキングコースがどれも自然に溶け込むように控えめにつけられていて、ロビンやトゥイなど人懐こい鳥たちなら近くで見られます。また島にはDOCのプロジェクトでサドルバックやタカヘといった絶滅寸前の貴重な鳥たちが放され、繁殖が行われています。

島のなかでは自分で自由に歩き回ることもできますが、ボランティアによる1時間ほどのガイドウオーク(5NZ$)に参加することもできます。
島へのアクセスは、フラーズオークランドという会社がフェリーの運航を行っています。夏期は木曜〜日曜、5月2日〜9月26日までの冬期が木曜、土曜、日曜日のみ。DOCによって1日に島に滞在できる人数が制限され、フェリーの定員は150人ほどなので、早めの予約をおすすめします。オークランド9時出発、4時45分戻り。大人1人45NZ$、子供23NZ$。

問い合せ先:Fullers Cruise Centre
?:+64-9-367-9111
E-mail : enquiries@fullersakl.co.nz
URL : http://www.fullers.co.nz

当リリースに関するお問い合わせニュージーランド観光局
広報担当:砂永純子?03−5400−1311 FAX03−5400−1312

関連URL:http://www.fullers.co.nz

※この記事は配信日から1年以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。


カテゴリー
サービス
業種
サービス業



注目ワード
海水浴
夏休み
花火
夏祭り