株式会社リンコム


リンコム、ビルコムのワークフロー導入事例発表・・・一週間かかっていた申請書類が三日に短縮



株式会社リンコム(本社:東京都台東区 社長:藤原信二)は、同社のグループウェア「リンコム ネクスト」およびネクスト ワークフローのユーザーである(株)ビルコムにおける事例を発表しました。

ビル遠隔監視・制御サービス、施設総合管理などを行っている総合ビル管理会社、(株)ビルコムは2003年にグループウェア、リンコム ネクストおよび電子決裁システム、ネクスト ワークフローを導入し、業務改善の効果を出しています。利用しているアプリケーションは、スケジューラ、施設予約、掲示板、フォーラム、他10を超えるグループウェア アプリケーションですが、中でもネクスト ワークフローは業務効率の改善に大いに役立っています。

ネクスト ワークフロー導入前まで、社内の申請業務を全て紙で行っていました。そのため、申請した書類が決裁を終えるまで非常に時間がかかることや、また途中で書類が紛失することが度々発生されていました。    
ワークフロー導入後は、申請書の処理時間が格段に短縮され、導入前は申請書が決裁されるまでに一週間以上かかっていたものが、導入後は遅くても3日で決裁が終わるまでに改善されました。
現在は、社内の申請業務の7割はワークフローを利用し、一部門あたり30種類の申請を行うまでに普及されており、社内の業務としてなくてはならないものになっています。

(株)ビルコム導入事例:http://www.linkcom.co.jp/next_case/case21/default.cfm

【リンコム ネクストについて】
統合型グループウェア「 リンコム ネクスト」はウェブ型グループウェアの登場以来9年という長い歴史と、甲府市役所、(株)パソナ、(株)パワードコム、フランスベッド(株)、横浜ゴム(株)、東映(株)などの大企業が全社で採用しているのをはじめとして1200社を越える実績を持った企業内外を結ぶ統合型グループウェアです。

統合型グループウェア「リンコム ネクスト」は次のような特長があります。
■スケジューラ、掲示板、施設予約など15の基本グループウェア機能を搭載
■ActiveDirectry連携をはじめ、各種のポータル機能を実装
■有償ソース公開対応なので、グループウェアのカスタマイズが可能
■データベースはSQLServerなどの汎用DB
■グループウェアのライセンスはCPU単位なので導入コストを抑えることが可能

リンコム ネクストについて:http://www.linkcom.co.jp/next/3kinds.cfm
ネクスト ワークフローについて:http://www.linkcom.co.jp/peripheral/n_wf.cfm

【株式会社リンコム 会社概要】
●会社名 :株式会社リンコム
●設立日 :1997年1月 
●資本金 :1億2456万円
●代表者 :藤原信二
●事業内容 :グループウェア・企業内ポータル・企業間ウェア製品『リンコム ネクスト』の開発・販売および関連のコンサルティング・受託開発・トレーニング事業
●ホームページ:http://www.linkcom.co.jp/

取材お問い合せ先/読者お問い合わせ先

株式会社リンコム
営業統括部:長内 章
電話:03-5246-6711
Email:sales@linkcom.co.jp

以上
本プレスリリースに記載されている会社名、製品名等は各社の商標または登録商標です。

関連URL:http://www.linkcom.co.jp/

※この記事は配信日から1年以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。



このカテゴリーの関連ニュースリリース(製品)


注目ワード
衣替え
父の日
キャンドルナイト
株主総会