株式会社グローバル インフォメーション


※最新英文調査報告書※
2003年の欧州のテレビ加入者収益は220億ドル



株)グローバルインフォメーション(本社:川崎市 代表取締役:小野 悟)では、Baskerville社発行の 英文調査報告書 [欧州におけるテレビ市場]を販売致します。

European Television - Seventh Edition
http://www.infoshop-japan.com/press/ba13013_jp.shtml

景気低迷とイラク戦争で閉塞感が蔓延する中、2003年の欧州のデジタルテレビ加入世帯数は14%拡大し3,070万世帯に達すると、Informa Media GroupのBaskerville社発行最新英文調査報告書「European Television-Seventh Edition」は伝えている。この報告書によると、欧州が2,000万世帯の大台を突破したのは2001年という。総数400ページ、調査対象国数21カ国を詳しくカバーしているこの報告書は、2010年までにはさらに6,700万世帯増加し、9,700万世帯を突破するだろうと推算する。

今年末までに英国は、欧州全体のデジタル加入世帯数の35%を占め、以下、フランス(15%)、ドイツ(13%)、イタリア(9%)と続く。英国は、前の年に比べ700万世帯増えるが、2010年までに欧州全体の17%まで落ち込むとされている。一方ドイツは好調で2003年の13%から2010年には19%とそのシェアを伸ばすとしている。

デジタルテレビの普及率は2010年までにテレビ保有世帯数の40%を越えると思われる。6カ国で66%強の普及率、12カ国で50%強の普及率を記録するだろう。デジタルケーブル加入者数は19%の普及率でDTH、DTTがそれぞれ12%、7%となる。DSLによるエンターテインメント加入者数は欧州のテレビ保有世帯の3%を占め、2010年には41%に上昇する。デジタルテレビの普及の潜在的可能性はかなり大きいといえる。

2010年までには欧州の1億200万世帯が地上波アナログ放送を受信しているだろう。57%に相当する1億3,600万世帯がDTT、デジタルDTH、DSL、ケーブル(アナログ、デジタルの両方)を利用する。ケーブル加入世帯は、アナログ、デジタルを含め、テレビ保有世帯の35%を占めるだろう。

テレビの加入者収益が200億ドルを突破したのは2002年だった。この急速な成長は1995年(62億ドル)と比較するとより鮮明になる。100億ドルを越えたのは1998年とつい最近のことである。この数字が2010年には370億ドルに拡大するだろう。2003年は、欧州テレビ加入者収益総額のうち、英国が23%、ドイツが21%、フランスが12%占めると予測される。

2010年までに全体収益(367億ドル)のうちケーブル加入者収益が56%、DTHは38%、DSLは7%を占めると見込まれる。英国とドイツはそれぞれ20%、フランスは12%占めるとされている。

PPVとVoDは全体収益の10%(38億ドル)を稼ぐだろう。2003年は6%(13億ドル)だった。加入者ひとり当たり収益は、オペレーターがPPVや双方向サービスを拡充するにしたがい上向き、2002年から2010年までの間に73ドル増加すると見込まれる。

■この件についてのご質問・お問い合わせ先――――――――――――――
株式会社グローバルインフォメーション 担当:西本
所在地:〒215-0021 川崎市麻生区上麻生1-5-1りそな新百合ヶ丘ビル
TEL:044-952-4967 FAX:044-952-0109
E-Mail: mari@gii.co.jp
URL: http://www.gii.co.jp/japanese/ci12036_ns_access2003.html

関連URL:http://www.gii.co.jp/japanese/ci12036_ns_access2003.html

※この記事は配信日から1年以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。


カテゴリー
調査・報告
業種
サービス業



注目ワード
入社
異動
花見
入学
新社会人
母の日