青山プランニングアーツ


【社長TV】元ゴールドマン・サックスアナリスト瓜生憲が語る



第1回「企業の本質を見極める」
(http://shachotv.jp)

株式会社青山プランニングアーツ(所在地 東京都港区、代表取締役 尾中昭文)は、同社が制作・運営するネット動画配信ポータルサイト「社長TV」(http://shachotv.jp)内の有識者チャンネル「インプレッション・ストリーム」において、株式会社マスチューン代表取締役社長兼CEO 瓜生 憲氏のインタビュー映像を、6月15日(金) から毎週金曜日全3回にわたり配信します。

瓜生憲氏は、ゴールドマン・サックス証券在籍時に『Institutional Investor』誌アナリストランキングのエンターテインメント部門などで上位にランクキングされる実力派アナリストとして活躍しました。その後、2006年7月に「情報の価値を具現化する仕組みの提供」を企業理念として掲げ株式会社マスチューンを設立し、2007年4月に個人投資家向けコミュニティサイト『みんなの株式』(http://minkabu.jp/)を立ち上げました。
今回の「社長TV」インプレッション・ストリームのインタビューでは、瓜生氏のアナリスト時代の経験に基づく知識や経験に基づく株式投資に関わる智慧について、語っていただきました。

「元ゴールドマン・サックスアナリスト瓜生憲が語る」
第1回「企業の本質を見極める」<6月15日(金)配信開始>
−私のアナリスト時代の企業評価方法
−評価される企業の努力

(インタビュー抜粋)
「企業にとってのベストシナリオとそれに基づく企業価値を、各種調査分析を通じて論理的に想像し、外部要因や企業活動によってそのベストシナリオ(もしくは企業価値)からどれだけぶれているかによって、企業価値を判断していた。」
=>続きは、こちら(http://shachotv.jp/is2/?category_id=30&entry_id=193)。

■配信予定
元ゴールドマン・サックスアナリスト瓜生憲が語る 『株式市場における情報の価値』
 全3回動画配信
・第 1 回 6月15日(金) 企業の本質を見極める
・第 2 回 6月22日(金) デイトレーダーの未来
・第 3 回 6月29日(金) 『みんなの株式』を作った意味
※上記内容は変更されることがあります。

■「社長TV」内で有識者が語る「インプレッション・ストリーム」は、
企業経営・思想、経済・IT、環境・教育・医療、アート・スポーツなどは、各界の専門家へのインタビューや対談映像など、幅広い先端知の知見を発信しています。東京大学先端研 妹尾堅一郎氏、シンクタンク・ソフィアバンク代表・社会起業家フォーラム代表・多摩大学大学院教授 田坂広志氏、東京ヤクルトスワローズの選手兼監督である古田敦也氏ほか多数が登場しています。現在、この「社長TV」のアクセスは月間ストリーミング100万配信以上、月間4万人以上の方がサイトに訪問しています。「社長チャンネル」に登場している社長は108名(6月15日現在)。今後もさらなる業界リーダーの考え方やメッセージをオリジナル番組で伝えていきます。

■お問い合わせ先
株式会社青山プランニングアーツ
社長TV 事務局
〒107-0062 東京都港区南青山5-1-10-206
TEL: 03-5778-2100 FAX: 03-5778-2239
E-MAIL: pr@shachotv.jp

■青山プランニングアーツ(http://www.apa.ne.jp)とは
青山プランニングアーツ(APA)は、企業向けの戦略プランニングやコンサルティング、クリエイティブ制作などを主業とし、S.P.A.I.C.E.(スパイス:Strategy.Philosophy.Art.Innovation.Credibility.Evolution. )を企業姿勢に、クライアントに常に新しいものを提供していくコミュニケーション創造企業です。
最近の主な実績は、2008年オリンピック招致IOC総会における中国政府&北京市のプレゼンテーション企画・制作、2003年衆議院選挙、2004参議院選挙における民主党のコミュニケーション戦略・企画・制作(日本初のインターネット政党放送の立上げ)、「BITS〜イノベーション・サミット」(日本ユニシス主催)の総合プロデュース等があります。

関連URL:http://shachotv.jp/is2/?category_id=30&entry_id=193

このリリースについてのお問い合わせ

※この記事は配信日から1年以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。




注目ワード
ランドセル
旧正月
決算発表
バレンタインデー
スキー