株式会社アーデントウィッシュ


21世紀型企業広報「ウェブ広報」を営業開始



シニア向けインターネットテレビ「はいからチャンネル」のアクセスが急増。チャンネルを企業向けに販売。新しいダイレクト広報の時代へ突入

今年一月より放送を開始したシニア向けインターネットテレビ「はいからチャンネル」ですが、開始後四ヶ月さまざまなサイトとのリンクによりシニア向け動画サイトとしては異例の月間十万アクセスを記録している。現在は、はいから編集部制作の6番組を毎週放送しているが、六月より「チャンネル」自体を企業向けに販売することになった。

●6チャンネル→A社 7チャンネル→B社といったようにチャンネルを企業に販売。

●番組制作は「はいから」チャンネルが請け負う。

●毎週更新で一番組、10から15分。

●このことにより、企業が消費者に伝達したかったホットニュースやPRを毎週動画にて配信することが可能になる。写真では伝達が難しかった商品を動画ならではの映像で消費者に伝えることが可能。

●中高年の視聴者が定着してきたことにより、中高年をターゲットにした企業には、最適のメディアとなる。また、番組自体は、「はいからチャンネル」内に存在するが、ボタンひとつでホームページへのリンクも可能。アクセスアップにもつなげることができる。

●費用も地上波などのテレビと比較して圧倒的に安く、三ヶ月150万円(制作費別途)で放送ができる。格安料金でテレビ番組を持つことが可能になる。新しいメディアとして注目されている。

●現在大手企業向けに営業を開始したが、企業の反応としては、安さ、アクセスの多さ、動画制作という点でのメリットがあり、好感触である。

【はいからチャンネル】
創刊7年目に入った熟年向け生活応援マガジン「はいから」を発行する株式会社アーデント・ウィッシュと東京FMグループのTFMインタラクティブが共同運営する中高年向けインターネットテレビチャンネル。チャンネル数の多さと内容、さまざまなサイトとのリンクにより中高年に人気急上昇のチャンネルである。

http://www.iiv.ne.jp/haikara/

関連URL:http://www.iiv.ne.jp/haikara/

※この記事は配信日から1年以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。


カテゴリー
サービス
業種
サービス業



注目ワード
入社
異動
花見
入学
新社会人
母の日