インターワイヤード株式会社


インターワイヤード、流通問題研究協会、マーケティングディレクションズと共同で「ドラッグストアに関する意識調査」の結果を発表



〜ドラッグストアは低価格・豊富な品揃えの『目的買い業態』〜

インターネットリサーチサービス『DIMSDRIVE』を運営するインターワイヤード株式会社(東京都品川区)は、社団法人流通問題研究協会(東京都港区)、株式会社マーケティングディレクションズ(東京都千代田区)と共同で「ドラッグストアに関する意識調査」を実施致しました。
第3回目となる今回は、ドラッグストアとスーパーマーケットの具体的な違いについて、お客様の立場から探っております。
調査は2007年6月18日(月)〜6月21日(木)に実施。関東・関西の男女2,000名から回答を得ています。

「第3回 ドラッグストアに関する意識調査」  http://www.dims.ne.jp/data/drugstore_03/


-------------------------------------------------------------
〜〜本調査の結果発表と同時に報告書の販売を開始いたします。〜〜
【販売概要】
・商品形態:PDFファイル(A4ヨコ38ページ)
・価格:18,000円(消費税別途)
【お申し込み方法】
電話または、弊社ホームページよりお申し込みください。
◆電話:03−5463−8256(ディムスドライブ事務局)
◆ホームページ:http://www.dims.ne.jp/data/drugstore_03/
-------------------------------------------------------------

<ドラッグストアはスーパーよりも「価格が安く、いろいろと相談しやすい」イメージ>

「よく行くのは」、「好きなのは」、「便利なのは」、「商品が選びやすいのは」、「価格が安いのは」、「信頼できるのは」、「安心感があるのは」、「いろいろと相談しやすいのは」の8つのイメージについて、当てはまる販売チャネルを選んでもらったところ、
“スーパーマーケット”は、6つのイメージにおいてどの販売チャネルよりも多く回答されており、まさに『スーパー』である事が伺える結果となった。

“ドラッグストア”については、「価格が安いのは」が49.5%で、どのチャネルよりも高かった。
また、「いろいろと相談しやすい」20.6%は、スーパーマーケット7.1%の約3倍となった。

ドラッグストアはスーパーマーケットよりも「価格が安く、いろいろと相談しやすい」イメージ、という結果となった。


-------------------------------------------------------------
<ドラッグストアは「目的買い」、スーパーは「目的買いと衝動買いのバランス型」>

ドラッグストアとスーパーマーケットでの買い物について、“予め買おうと決めて買う事が多い商品ジャンル”と、“店に入った後、急に思いついて買う事が多い商品ジャンル”を選んでもらった。

【ドラッグストア】
◆予め買おうと決めて買うジャンル・・・「風邪薬、胃腸薬」57.5%、「シャンプー・リンス」48.0%、と続き、薬と日用品に回答が多かったが、「ソフトドリンク類」7.6%、「お菓子類」5.5%と食料品は少数であった。

◆急に思いついて買うジャンル・・・
「お菓子類」が37.7%で最も多く、“予め決めている”5.5%の約7倍であった。「ソフトドリンク類」も30.0%と多い。
「風邪薬・胃腸薬」は4.4%、『日用品』は1割強で、“予め決めている”の方が、割合が高い。

【スーパーマーケット】
“予め買おうと決めて買うジャンル”では、「お菓子類」”46.1%、「ソフトドリンク類」40.0%と続き、ドラッグストアでの買い物とは反対に、食料品に回答が多かった。食料品はドラッグストアよりもスーパーマーケットの方が多く回答されているが、日用品はスーパーマーケットよりもドラッグストアの方が多くなっている。

スーパーでは、「予め買おうと決めている」と「急に思いついて買う」の回答割合にあまり差が出なかった。

ドラッグストアは低価格で豊富な品揃えから選べるという事から、日用品などを、目的を持って買いに行く『目的買い業態』であり、スーパーマーケットは、生鮮品・日配品を目的買いしつつ他ジャンルを衝動買いするという、『目的買い・衝動買いのバランス業態』であると言えるであろう。

-------------------------------------------------------------




■調査項目■
・普段購入している商品ジャンルとその頻度、最も購入している販売チャネル
・販売業態(チャネル)別の利用頻度
・販売チャネルについてのイメージ
・最もよく行くドラッグストア
・ドラッグストアで1回あたりに購入する金額
・ドラッグストアに対する考え方(医薬品以外)
・ドラッグストアで買うか、スーパーで買うか
・予め買うのを決めている商品ジャンル、急に思いついて買うジャンル(ドラッグストアとスーパーについて)
・予め買う銘柄が決まっている商品ジャンル(ドラッグストアについて)
・ドラッグストアで購入しようとした商品が無い場合の対応
・ドラッグストアで商品を買う基準
・購入のきっかけとなったセールスプロモーション
・ドラッグストアで買いものをする時の不満点


■調査概要■
調査方法 : インターネットを利用した市場調査
調査期間 : 2007年6月18日(月)〜6月21日(木)
調査対象者 : 東京、神奈川、千葉、埼玉、大阪、兵庫、京都、奈良在住のDIMSDRIVEモニター
配信数 : 11483
回収数 : 2000(ウェイトバック集計後3367)

※本調査は性年代、地域について、ウェイトバック集計(2006年10月総務省人口統計にあわせた集計)を行っています。

■属性(ウェイトバック後)■
<性別>
関東男性 32.8%
関東女性 32.8%
関西男性 18.0%
関西女性 16.4%

<年齢>
20代 17.6%
30代 25.8%
40代 22.1%
50代 34.5%




■社団法人 流通問題研究協会について■
社団法人流通問題研究協会(IDR)は昭和41年に設立された経済産業省管轄の公益法人です。流通に関する自主研究調査、人材開発に関するセミナー・研究会を中心にした活動を展開しています。

<所在地>東京都港区芝公園3丁目5-8 機械振興会館402号  03-3436-1686
<代表者>副会長:三浦 功
<社団法人流通問題研究協会ホームページ> http://www.idr.or.jp/


■株式会社マーケティングディレクションズについて■
MD−マーケティング ディレクションズは、「生・消・販」の最適マーケティングを創造、理論化、実践します。
マーケティングの12P <4Pを実戦的に膨らましたもの>を標榜し、マーケットの本音(インサイト)を抽出し、最適ソリューションを提案するプロ集団です。

<所在地>東京都千代田区九段北1-5-10 岳南九段有楽ビル2F  03-3230-0431
<代表者>代表取締役:高橋 知之、プロジェクト遂行者:取締役 篠原 秀明
<マーケティングディレクションズ ホームページ>http://www.md-sgp.co.jp/


■インターワイヤード株式会社について■
インターワイヤード株式会社が運営する『DIMSDRIVE』は、インターネットリサーチを通じて調査企画・設計から分析・提案までを提供する、マーケティングのトータルソリューションサービスです。
全国に17万人のモニターを擁し、市場調査を実施。お客様の戦略立案をサポートしています。

<所在地>東京都品川区東品川2-2-25 サンウッド品川天王洲タワー304  03-5463-8255
<代表者>代表取締役社長 斉藤 義弘
<DIMSDRIVEホームページ> http://www.dims.ne.jp/

-------------------------------------
■調査結果に関するお問い合わせ先■
DIMSDRIVE(ディムスドライブ)事務局
担当 : 三浦
TEL : 03-5463-8256(DIMSDRIVE事務局)
FAX : 03-5463-2230
Email : timely@dims.ne.jp

関連URL:http://www.dims.ne.jp/data/drugstore_03/

このリリースについてのお問い合わせ

※この記事は配信日から1年以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。


  • 参考資料 参考資料



注目ワード
新社会人
こどもの日
母の日
ゴールデンウィーク
春行楽
運動会