ツネイシホールディングス株式会社 神原汽船カンパニー


神原汽船、日中定期コンテナ航路で瀬戸内、九州サービスを改編〜 釜山港を中心に初の日韓サービス、東南アジアルートにも対応可能に 〜



神原汽船株式会社(本社:広島県沼隈町、代表取締役社長:佐竹弘造)は、2月中旬から中国/瀬戸内、九州航路に1隻を追加投入し、天津新港、連雲港(中国)、釜山(韓国)などへコンテナサービスの拡充を図ります。

新サービスは、現在運航中の500teu型コンテナ船“Leo Island(レオ アイランド)”と‘Virgo Island(バーゴアイランド)”に追加船“Dubail Trader(ドバイトレーダー)”(578teu)を加えて、計3隻による21日ラウンドウイークリー体制です。中国・天津新港へは直接本船を寄港させての運航となります。
寄港地とローテーションは、新港/大連/釜山/福山/水島/志布志/釜山/連雲港/青島/釜山/広島/福山/釜山/新港 です。

神原汽船はこれまで、中国と日本地方港を直航で結ぶサービスを特色としていましたが、近年の顧客からの要望の高まりもあって釜山発着或いは経由するサービスへの対応を検討しておりました。
既存のサービスを損なうことなく、新たなサービスを展開するということで、新港、大連/釜山/瀬戸内、九州、及び連雲港、青島/釜山/瀬戸内の2ループサービスを確立しました。

この改編によって、神原汽船は初めて日韓サービスを手掛けることになります。また、釜山をトランシップ港として、東南アジアとのサービスにも取組むことが可能となりました。
なお、中国/瀬戸内、九州航路で提供していた上海/福山サービスは今回の改編で分離。
別途1隻を追加投入してこれまで通り福山、水島への週2便体制を維持します。


≪本件に関するお問い合わせ先≫
神原汽船株式会社
広島県沼隈郡沼隈町大字常石1083番地
定期船部営業課 TEL 084-987-1500
URL http://www.kambara-kisen.co.jp/





関連URL:http://www.kambara-kisen.co.jp/

※この記事は配信日から1年以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。


カテゴリー
サービス
業種
物流・運輸



注目ワード
センター試験
ランドセル
決算発表
バレンタインデー
スキー