株式会社バベル


『マンガ聖書の時代の人々と暮らし』(発行:バベルプレス)増刷決定



「マンガ…」のタイトルの聖書関連の本が売れている

ハリポタをはじめとするファンタジー人気の影響だろうか。
中東問題、特に宗教問題に関心が深まったからか。
それとも親子の間での殺人とか、殺伐とした世間から救いを求めようとしているのか。
聖書関連のマンガ系書籍が売れている。中でもバベルプレスの『マンガ聖書の時代の人々と暮らし』、集英社文庫の『手塚治虫の旧約聖書物語』、講談社の『マンガ聖書物語 (旧約篇)』
が売れている。
バベルプレスの『マンガ聖書の時代の人々と暮らし』は他の文庫と違い2000円とこの種の本としては高額商品だ。
もちろんキリスト教関係の書籍を扱っている書店では人気商品となっているが、大学生協からの注文、繁華街の若者に人気のある書店からの注文が目覚しい。

分かりやすいので旧約聖書時代の時代へとタイムスリップを存分に楽しんだという若い人も多い。
今年はこれからクリスマスにかけてさらにこれら漫画でいながら、宗教を考え、生き方を考える本がブームになりそう。
バベルプレスでは『マンガ聖書の時代の人々と暮らし』の2刷りが決定し、また聖書に登場する人々がテーマの子供向けの聖書人名事典の出版を企画中である

=======================================
お求めは、お近くの書店またはインターネットブックストア<e翻訳堂>で
  e翻訳堂 http://www.e-trans.co.jp/
=======================================

★ お問い合わせ先:press@babel.co.jp(担当:高松)

関連URL:http://www.e-trans.co.jp/

※この記事は配信日から1年以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。




注目ワード
運動会
父の日